電話対応業務の負担軽減のため、毎月1,000件の一次対応を自動化。宅配水のアクアクララ岩手、AI電話自動応答システム「mobiVoice」を導入 〜コロナの影響や共働き・食育で子育て世代の需要増、LINEやチャットなどデジタル化を推進〜

モビルス株式会社

2020年10月06日 16:59

The Support Tech Companyとして顧客サポート支援のソリューションを開発・提供するモビルス株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:石井智宏)は、ウォーターサーバーの宅配水事業「アクアクララ岩手」を運営する株式会社マイアクア(本社:岩手県紫波郡矢巾町、代表取締役社長:水本慶)が、AI電話自動応答システム「mobiVoice(モビボイス)」を導入し、毎月1,000件の一次対応を自動化することで、電話対応業務の負担軽減に成功したことを発表します。マイアクアでは、「mobiVoice」を活用し、ウォーターボトルの注文受付・配達本数の変更や休止、請求書やお支払に関することなど、お問い合わせ全般の一次受付を自動化しています。

今後は、メイン会員層である子育て世代など顧客の利便性向上のため、LINEの活用やチャットなど顧客窓口の多様化を構想中です。また、「mobiVoice」とRPAの連携で注文受付から注文システムへの入力まで自動化し、さらなる業務効率化・生産性の向上を目指しています。

<プレスリリースは下記よりご覧いただけます>
https://mobilus.co.jp/press-release/23789

■ 背景

マイアクアは、創業昭和2年の総合生活産業 株式会社水本のグループ会社です。ウォーターサーバーの宅配水事業「アクアクララ岩手」を運営し、岩手県域で約3,500名の会員を抱えています。新型コロナウイルスの影響で全国的に宅配水の新規申し込みが増加したことや、ライフスタイルの変化や食育の観点から子育て世代を中心に宅配水の利用が増え、今後益々ニーズが高まることが予想されます。一方、コールセンターなどお客さま窓口業務のオペレーター職は、離職率の高さや採用難から人手不足が深刻な課題です。
こうした社会背景もあり、マイアクアでは以前から注文受付や問い合わせ対応の自動化による業務効率化と生産性の向上、また、顧客窓口の手段の多様化を検討していました。

モビルスは、企業や自治体向けにAIチャットボットと有人対応のスムーズな連携が可能なチャットシステム「mobiAgent」や、電話での自動ヒアリングや会話内容のテキスト化が可能な「mobiVoice」を始めとした、顧客サポート支援のソリューションの開発・提供を行っています。

この度、マイアクアでは、2020年7月より「mobiVoice」を導入し、注文受付からその他の問い合わせ対応まで、月1000件の電話一次対応を自動化し、電話対応業務の負担軽減、二次対応のスムーズな対応による業務効率化を実現しました。今後は、顧客の多様なライフスタイルに応じた問い合わせ対応を可能にすべく、LINEの活用やチャット対応なども導入予定です。また、「mobiVoice」とRPAの連携により電話での注文受付から注文システム入力までを自動化するなど、職員の生産性向上を目指しています。


■株式会社マイアクア 代表取締役社長 水本慶氏のコメント

一年前に電話のIVRを導入しましたが、番号選択式の注文受付だけでなくフリー回答も含め、全ての電話問い合わせの一次対応を自動化し、職員の生産性向上を実現したいと考えていました。

今は電話での問い合わせ全般を自動対応することから始めていますが、今後はチャット対応やLINEの活用なども視野に入れています。モビルスはチャットシステムも開発している会社で、LINE活用やRPAなどシステム連携の事例もあると知り、新たな施策も見据えて導入を決めました。

また、大手企業を始めとした導入実績を見て、信頼できたことも決め手の一つです。実際に「mobiVoice」の機能等を見て、簡単に始められる使い勝手の良さを実感できたので、まずはやってみようとスモールスタートで始めています。


モビルス株式会社のプレスリリース

リッチメニュー画像.png

新潟県長岡市がモビルスの自治体LINE向け「情報配信」「不具合通報」サービスを導入。ごみの収集日、子育て、イベント、防災など利用者が希望する情報のみ受信可能。道路公園の損傷等を住民がLINEで24時間いつでも通報できるチャットボット始動

The Support Tech Companyとしてカスタマーサポート支援のソリューションを開発・提供するモビルス株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:石井智宏)は、新潟県長岡市(磯田達伸市長)の「...

V-IVR-pict.png

24時間365日の顧客サポートを実現する 『ビジュアルIVR』の提供と活用のための協業を開始

株式会社オウケイウェイヴ(所在地:東京都港区、代表取締役社長:福田 道夫)、株式会社オフト(所在地:東京都目黒区、代表取締役:川野 真吾)、モビルス株式会社(所在地:東京都品川区、代表取締役社長:石井 智宏)...

ロゴ.jpg

大阪・堺市がモビルスの自治体LINE向け「不具合通報」サービスを導入、道路公園等の不具合を住民がLINEで24時間いつでも通報できるチャットボット始動 〜不具合通報をデジタルシフトで効率化、行政のDXを推進し地域を活性化〜

The Support Tech Companyとしてカスタマーサポート支援のソリューションを開発・提供するモビルス株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:石井智宏)は、大阪府堺市(市長:永藤英機)の「...

MBV活用の流れ.jpg

電話対応業務の負担軽減のため、毎月1,000件の一次対応を自動化。宅配水のアクアクララ岩手、AI電話自動応答システム「mobiVoice」を導入 〜コロナの影響や共働き・食育で子育て世代の需要増、LINEやチャットなどデジタル化を推進〜

The Support Tech Companyとして顧客サポート支援のソリューションを開発・提供するモビルス株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:石井智宏)は、ウォーターサーバーの宅配水事業「アクア...

実証実験概要図.jpg

セブン銀行の住所変更手続き無人化実証実験に参画。AIチャットボットとRPAを連携、本人確認と住所変更手続きを自動化 〜オペレーターを介さずチャット上で24時間住所変更手続きが完了〜

The Support Tech Companyとしてカスタマーサポート支援のソリューションを開発・提供するモビルス株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:石井智宏)は、株式会社セブン銀行(本社:東京都...

mobilus_report_TOP.jpg

【新型コロナの影響で変わる消費者の問い合わせ動向調査】 消費者の4割がコロナ禍で問い合わせ増加、手段にも変化あり。Web・LINEのチャット、ZoomやLINE通話など手段の多様化が進む~9割がオペレーター在宅化に賛成、消費者行動がデジタルシフトする中、企業側の変化が鍵~

The Support Tech Companyとして、カスタマーサポート支援のソリューションを開発・提供するモビルス株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:石井智宏)は、全国の男女647名を対象に、新...

しながわ活力応援給付金申請状況確認ボットの流れ.jpg

モビルス、「しながわ活力応援給付金」のチャットボットを開発、申請状況の確認が24時間WebやLINEで可能に、品川区公式LINEアカウント開始 ~行政サービスのデジタル化で、22万8千世帯のスムーズな給付金受取りを支援~

The Support Tech Companyとしてカスタマーサポート支援のソリューションを開発・提供するモビルス株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:石井智宏)は、東京都品川区が新型コロナウイルス...

NTTコムウェアとモビルスが資本業務提携を締結.jpg

モビルスとNTTコムウェアが資本業務提携を締結 第三者割当増資を実施、顧客サポート支援のソリューション開発を加速 ~ニューノーマル時代のコンタクトセンター構築を支援~

The Support Tech Companyとして、顧客サポート業務支援のソリューションを開発・提供するモビルス株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:石井智宏)は、エヌ・ティ・ティ・コムウェア株式...

mobiVoice活用の流れ.jpg

日本ロードサービス(JRS)が、代表電話にAI電話自動応答システム「mobiVoice」を採用 BCP対策としてコールセンターの在宅勤務化や、入電急増時に備えた取り組みを開始 〜問合せ内容のヒアリング、文章化、担当者へのメール転送を自動化〜

AIを活用したコミュニケーションプロダクトを開発するモビルス株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:石井智宏)は、提供するAI電話自動応答システム「mobiVoice(モビボイス)」が、BCP(事業継続...