クラウド完結型売掛保証「アラームボックス ギャランティ」の提供を開始 取引先の信用調査から売掛金の回収保証までをワンストップで実行可能に 〜与信管理業務のDXを推進し、アフターコロナ下の中小企業経営を支援〜

これまでAI与信管理クラウドサービス「アラームボックス」の企業調査によって取引の安心を提供してきたアラームボックス株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:武田浩和、以下「当社」)は、クラウド型の売掛保証サービス「アラームボックス ギャランティ」の提供を開始します。

本サービスの提供により、新規取引先への信用調査から既存取引先の継続調査、売掛金の回収保証まで、企業間取引で発生する全ての与信管理業務をアラームボックスで対応できるようになりました。

◆背景
新型コロナウィルス感染拡大の影響により、コロナ関連倒産は2,000件を超えました※1。コロナ禍で企業の業績は以前より不安定になっているほか、営業活動の非対面化が進んだため、取引先の実態がこれまで以上に把握しづらくなっています。このことから、これまで取引のない企業との新たな取引は行われにくいのが現状です。

そのような状況から、これまで当社は、売上を増やしたい企業が新規取引機会を逃さず獲得できるようになることを目的に、取引先の倒産等で売掛金未入金が発生した際に売掛金を保証する売掛保証サービス「セキュアボックス」を提供してきました。多くの企業で利用されていますが、案件毎にファイルの送受信や連絡のやり取り、紙ベースでの帳票作成が発生するため改善が求められていました。

これらの背景をふまえ、企業間の安心・安全な取引を実現することを目的に、新しくクラウド完結型売掛保証サービス「アラームボックス ギャランティ」として提供を開始しました。

◆新サービス「アラームボックス ギャランティ」について
「アラームボックス ギャランティ」は、取引の未入金が発生した場合、アラームボックスが売掛金を保証するサービスです。ウェブ上でいつでも申し込むことができ、取引先の倒産リスクを気にすることなく営業活動に専念することができます。請求書単位での保証が可能で、保証料は使った分だけ発生する形のため、無駄なコストをかけることもありません。また、ステータス確認や案件管理、新規取引相手の信用調査・既存取引先の継続調査もアラームボックス内で行えるため、取引の始まりから終わりまでに発生する全ての与信管理業務がワンストップで実行でき、今まで以上に効率的かつ気軽に、クラウド上での与信管理が行えます。

<概要>
・提供開始日:2021年12月24日
・料金:保証料0.1%~(審査により異なる)
※システム利用料(10,000円/月)が別途発生します。
・申込方法:「アラームボックス ギャランティ」に申込後、マイページの審査依頼からすぐに使用できます。
・URL:https://alarmbox.jp/guarantee

◆今後の展開について
これまで当社は、すべての企業取引が安心して実現できる社会を目指して、事業に取り組んでまいりました。この度、新たに保証サービスを提供開始することにより、さらに多くの企業が前向きに事業に取り組める環境をつくっていきます。今後はAPI開発や他サービスとの連携も視野に入れ、さらなる与信管理業務のDXを推進していきたいと考えています。


◆アラームボックス ギャランティの特徴
①シンプルな操作とデータ一括取込機能で誰でも簡単に保証依頼が可能
アラームボックスは、与信管理クラウドサービスとして、これまで「難しい」とされてきた与信管理を誰でも簡単に行えるようにサービスを提供してきました。この経験を活かし、シンプルな操作とわかりやすいデザイン画面を開発しました。また、Excelファイルの取り込みや書き出しに対応しているため、債権管理業務を効率化させることができます。

②与信管理から回収までワンストップ対応。今までの請求フローを変える手間も無し
アラームボックス内の与信管理サービスと併用すれば、取引の始まりから終わりまでを安心して行うことができます。また、本サービスは保証・回収に特化したサービスのため、今までの請求フローを変えることなく、低コスト・低リソースで売掛金の未回収リスクを抑えることができます。


③お申し込みは全てウェブ上で完結。テレワークにも対応
アラームボックスはクラウドサービスのため、スマホやパソコンからいつでも、同じ環境で利用できます。ウェブサイト上で取引先の登録をすると、アラームボックスが自動で審査を開始。実際に取引が発生したら取引先一覧から保証してほしい金額をいれるだけなので、取引先に知られることなく、迅速にリスクを回避することができます。

※1:東京商工リサーチ2021年11月26日発表
https://www.tsr-net.co.jp/news/analysis/20211126_03.html

◆アラームボックスについて
「アラームボックス」( https://alarmbox.jp )は、スマートフォンやPCから取引先を登録しておくだけで、取引先のリスクや状況変化を自動で知らせてくれるクラウドサービスです。インターネット上の情報を活用した「高精度」な与信管理を、「カンタン」に、「低価格」で導入できます。それにより、取引先の情報収集に関わる業務負荷を大幅に削減し、信用状況の変化をいち早くキャッチして、リスクに迅速に対応できます。

アラームボックス株式会社               
代表者:代表取締役社長 武田 浩和          
所在地:東京都新宿区市谷本村町3-22         
設立 :2016年6月               
資本金:3.36億円
企業サイト: https://alarmbox.co.jp
サービスサイト: https://alarmbox.jp

【本件に関するお問合せ先】
アラームボックスPR担当:稲田
TEL:050-3749-5843
E-mail:pr@alarmbox.co.jp

アラームボックス株式会社のプレスリリース

メインお写真.png

伊予銀行が融資判断時の情報収集ツールとしてAI与信管理アラームボックスを導入~ウェブ上にある融資先の評判を効率的に収集~

AI与信管理クラウドサービス「アラームボックス」を提供するアラームボックス株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:武田浩和、以下「当社」)は、株式会社伊予銀行(本社:愛媛県松山市、取締役頭取:三好賢治)が企...

ギャランティ会員ページ仮.jpg

クラウド完結型売掛保証「アラームボックス ギャランティ」の提供を開始 取引先の信用調査から売掛金の回収保証までをワンストップで実行可能に 〜与信管理業務のDXを推進し、アフターコロナ下の中小企業経営を支援〜

これまでAI与信管理クラウドサービス「アラームボックス」の企業調査によって取引の安心を提供してきたアラームボックス株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:武田浩和、以下「当社」)は、クラウド型の売掛保証サー...

悪評・クレームの業種別ランキング.png

【インターネット上で悪評・クレームが多い上位10業種を発表】 通販事業の配送・梱包に関するクレームやコロナ対策への不満が多数投稿 〜14,123社を対象にSNS等で投稿された口コミや評判から悪評・クレームを抽出し集計〜

・コロナに合わせた三密回避やキャンセル対応を求める声が悪評に繋がりやすい実態も ・商品やサービスに関わる内容だけでなく、企業体質を原因とするクレームも多い AI与信管理サービスを提供するアラームボック...

反社チェック_コインimg.png

1件500円から実施できる「ワンコイン反社チェック」の提供開始 調査結果はウェブから最短数分で取得可。企業調査業務のDX推進〜追加で新聞記事検索ができる「反社チェックプラス」も同時にリリース〜

AI与信管理サービス「アラームボックス」を提供するアラームボックス株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:武田浩和、以下「当社」)は、1件あたり500円で実施できる反社チェックサービス「ワンコイン反社チェッ...