【プレスリリース】男性育休100%宣言企業の経営者による『男性育休応援動画』を公開 総勢7社の経営者が、「もっと一緒にいたかった」エピソードを紹介し育児休業取得を呼び掛け 〜経営者と若手世代の意識のギャップを解消し、より多くの男性が育児休業を取得できる社会へ〜

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
男性育休100%宣言企業の経営者による『男性育休応援動画』を公開
総勢7社の経営者が、「もっと一緒にいたかった」エピソードを紹介し育児休業取得を呼び掛け
〜経営者と若手世代の意識のギャップを解消し、より多くの男性が育児休業を取得できる社会へ〜
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2006年創業以来14年にわたり働き方改革にまつわる様々な社会課題の解決に向けて活動を続ける株式会社ワーク・ライフバランス(本社:東京都港区、代表取締役:小室淑恵、以下「当社」) は、この度Forbes Japanと連携のうえ、「男性育休100%」に関する特集ページを開設し、現役経営者が男性の育児休業取得の必要性を啓発する動画「#もっと一緒にいたかった」や連載記事を、2019年12月27日午前6時より公開いたします。

●動画公開ページ:2019年12月27日午前6時より公開
・フルバージョン(約180秒)https://youtu.be/-0-t2n75sFo
・ショートバージョン(約90秒)https://youtu.be/uV29gnn8Fns
●連載記事ページ:2019年12月27日午前6時より公開
https://forbesjapan.com/series/paternityleave100

■背景
日本の父親の育児休業制度は世界で最も恵まれた制度(国連児童機関(ユニセフ)が2019年6月13日に発表した『先進国における家族に優しい政策』報告書による)ですが、その取得率はわずか6%に過ぎません。政府が男性育休の取得推進周知事業に約20億円かけて取り組んだにも関わらず、この10年間で取得率は2%から6%に微増したにとどまり、2020年の政府目標13%には遠く及びません。その背景には、日本の職場において「休ませない同調圧力」があり、制度はあってもその制度を使える風土がないことが原因であると言われています。

また、産後の妻の死因の一位は自殺(国立成育医療研究センター調査より)です。孤独な育児と睡眠不足による「産後うつ」が要因であると言われており、男性の育児休業取得の促進が急務となっています。さらに、男性新入社員の約8割が「子どもが生まれたときには、育休を取得したい」と考えている(2017年日本生産性本部「新入社員意識調査」より)ことから、社員のワークモチベーション向上、離職防止、キャリア人財獲得にも、大きな効果が期待されています。

そこで当社では、男性の育児休業取得率100%の実現に向けて、企業の経営者が宣言し、目標をもってアクション及び発信していく「男性育休100%宣言」プロジェクトを今年3月より始動しました。またテレビ局や建設業、医療、国会議員など各界の経営トップ140名が参加したシンポジウムを開催するなど、官民で連携した取り組みも図っています。「男性育休100%宣言」には、2019年12月時点ですでに73社が参加しています。
https://work-life-b.co.jp/mens_ikukyu_100/

そしてこの度、宣言企業の中でも上記7社の経営トップが、自らの言葉で直接子育て世代の男性たちに育児休業取得を呼びかける動画を制作しました。建設業、製造業、IT企業、アパレル、食品メーカーといった、従来「働き方改革が難しい」とされてきた業界の経営トップが、次世代の男性には積極的に育休を取ってもらいたいと明確にメッセージを発信しています。

当時の自分を振り返り「仕事のことしか頭になかった」「平日は毎日午前様だった」「子どもを産んだ女性がいかに大変かを全くわかっていなかった」「後悔している」など、経営トップが自身の経験を交えながら育児休業取得への思いを赤裸々に語っています。12月27日より、年末年始の家族団らんの時期に合わせて「#もっと一緒にいたかった」をつけて配信予定です。

■掲載スケジュール
①動画
・フルバージョン(約180秒)https://youtu.be/-0-t2n75sFo
・ショートバージョン(約90秒)https://youtu.be/uV29gnn8Fns
掲載日(予定)2019年12月27日(金)
株式会社サカタ製作所 坂田匠 代表取締役
敷島製パン株式会社 盛田淳夫 代表取締役社長
イ―ソル株式会社 長谷川勝敏 代表取締役社長
パシフィックコンサルタンツ株式会社 重永智之 代表取締役社長
JSR株式会社 小柴満信 代表取締役会長
株式会社オンワードホールディングス 保元道宣 代表取締役社長
アイシン精機株式会社 伊勢清貴 取締役社長

②連載記事(インタビュー記事)※随時公開されます。
https://forbesjapan.com/series/paternityleave100
掲載日(予定)
2019年12月27日(金) 株式会社ワーク・ライフバランス 小室淑恵 代表取締役社長
   12月27日(金) 株式会社サカタ製作所 坂田匠 代表取締役
   12月28日(土) 敷島製パン株式会社 盛田淳夫 代表取締役社長
12月29日(日) イ―ソル株式会社 長谷川勝敏 代表取締役社長
2020年1月4日(土) パシフィックコンサルタンツ株式会社 重永智之 代表取締役社長
   1月6日(月) JSR株式会社 小柴満信 代表取締役会長
1月8日(水) 株式会社オンワードホールディングス 保元道宣 代表取締役社長
   1月17日(金)頃 アイシン精機株式会社 伊勢清貴 取締役社長

■7社の経営者による男性育休に関するコメント(動画より抜粋)
・アイシン精機株式会社 伊勢清貴 取締役社長
「仕事のことしかほぼ頭にないという状況だった。」
「我々と同じ年代の人は皆、昔はもっと働いたという人もいるけれど
これからの世代には未来を見つめて、自分で働き方を考えてほしい。」
・イ―ソル株式会社 長谷川勝敏 代表取締役社長
「平日、すべて妻がひとりで子どもを育てていた。」
「助けてあげられなかった自分にも今は後悔している。」
「『育児休業』っていう制度を会社に取り入れていくのは非常に重要だと思っています。」
・JSR株式会社 小柴満信 代表取締役会長
「育児休業も含めて、子どもと接する時間はもう少しあるべきだと思う。」
「僕らの若い頃と、今ではスピードが全然違うんですよね。」
「(そのスピードに)流されちゃうと本当に仕事ばっかりになってしまう。」
・株式会社オンワードホールディングス 保元道宣 代表取締役社長
「平日はほとんど午前様という、かなり忙しい状況でした。」
「産まれたばかりの息子と触れ合う時間を多く持てればよかったなぁと。」
「ふたりで育児も含めて家庭を運営していく」
・株式会社サカタ製作所 坂田匠 代表取締役
「いつ『パパ』と呼ばれたのかは記憶に無いです。」
「がむしゃらに働くことが男としての価値であるという時代はとうの昔に終わっています。」
・パシフィックコンサルタンツ株式会社 重永智之 代表取締役社長
「子どもの2歳ぐらいまでの思い出が実は今考えるとあまり無い。」
「子どもを産んだあとの女性がいかに大変かということがあまりわからないままでいたんですね。」
「家族があって、その先に勤めている会社があって、地域があって、国がある。そういうベースになるところをしっかりしてあげるのが『経営』にとって大事だと思う」
・敷島製パン株式会社 盛田淳夫 代表取締役社長
「いろんな会話を(子どもと)重ねるというか、もっとあっても良かったなと思います。」
「男性も女性も気兼ねなく、自分がしたいことができるような社会になっていくことが必要だと思う。」

◆株式会社ワーク・ライフバランスについて
当社は、世に先がけ2006年時点で働き方改革に着目し、社名をワーク・ライフバランスとし、以来14年にわたり、官公庁や自治体、大手企業・中小企業等1,000社以上へ働き方改革コンサルティングを提供してきました。その結果、支援先企業では残業30%削減に成功し営業利益が18%増加したほか、残業を81%削減し有給取得率4倍・利益率3倍を実現するなど、長時間労働体質の改革を実現してきました。2012年から厚生労働省「イクメンプロジェクト」委員としてイクボス企業アワード審査員をつとめるなど、男性育休の普及促進に尽力してきました。

会社名:株式会社ワーク・ライフバランス
サイト:https://work-life-b.co.jp/
創立年月:2006年7月
資本金:1,000万円
主な事業内容:働き方改革コンサルティング事業・講演・研修事業
コンテンツビジネス事業・コンサルタント養成事業

<本件に関する報道関係者様からのお問合せ先>
株式会社ワーク・ライフバランス 広報 三山・小田桐
TEL:03-5730-3081 Email: media@work-life-b.com

株式会社ワーク・ライフバランスのプレスリリース

no image

全国の労働組合で初、オンラインカードゲーム「ライフ・スイッチオンライン」を導入遠隔地の従業員の対話促進でチームビルディングを強化、全国支部の働き方改革をけん引~新型コロナウイルスによる働き方の変化・価値観の多様化を学び、ビジネスに活かす~

2006年創業以来、1,000社以上の働き方改革に携わってきた株式会社ワーク・ライフバランス(本社:東京都港区、代表取締役:小室淑恵)が提供する、オンラインカードゲーム「ライフ・スイッチオンライン」を、202...

no image

【緊急記者発表】12月2日(水)河野大臣へ「霞が関の働き方に関する提言」の賛同署名(約26,600筆)をお持ちします!

報道関係者各位 株式会社ワーク・ライフバランスの社会変革室でございます。 このたび、下記のとおり、掲題の署名活動の発起人一同(計21人)が 河野太郎国家公務員制度担当大臣に対し、 提言署名を手交...

no image

「霞が関の働き方に関する提言」への署名開始について ~提言内容~ 各省庁は22時~翌朝5時を完全閉庁し、緊急の業務や、必要最低限の 議員の質問対応等はテレワークで行う体制を作ってください。 浮いたコストはコロナ対策等に使ってください。  #霞ヶ関深夜閉庁要求運動

                        2020年10月20日(火) 2006年創業以来、1,000社以上の働き方改革に携わってきた株式会社ワーク・ライフバランス(本社:東京都港区、代表取締役:小室...

no image

発電設備等を手掛けるエンジニアリング会社 東芝プラントシステムが、 ワーク・ライフバランスの働き方改革コンサルティングを導入 〜2024年 建設業の「月残業45時間」規制に向け、コロナ禍でも継続的に推進〜

                         2020年11月18日(水) 働き方改革コンサルティングの株式会社ワーク・ライフバランス(本社:東京都港区、代表取締役:小室淑恵)は、この度、提供する長時間...

no image

1,000社の働き方の工夫をまとめた「100のアイデア集」、第2弾の無料公開開始 ~第2弾活用セミナーではオンラインでもスムーズに議論できる会議術を紹介予定〜 【開発者による活用術セミナー】11月16日(月)12:00-13:00 @Zoomによる配信

働き方改革コンサルティングの株式会社ワーク・ライフバランス(本社:東京都港区、代表取締役:小室淑恵、以下「当社」)は、1,000社以上の企業の働き方改革サポートをして得た知見と、当社が創業当初より有休消化率1...

no image

【プレスリリース】国立大学初、人生100 年時代のオンラインカードゲーム「ライフ・スイッチ」を導入~女性研究者が働きやすい環境整備に寄与、多様性を活かしイノベーション創出を目指す

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 国立大学初、人生 100 年時代のオンラインカードゲーム「ライフ・スイッチ」を導入 女性研究者が働きやすい環境整備...

no image

【プレスリリース】設備工事大手の新菱冷熱工業にワーク・ライフバランスの働き方改革ソリューション導入 働き方改革着手から4年、残業時間8%削減、有給休暇取得率72%以上を達成 ~長時間労働常態化の建設業界でありたい姿の実現の意識が成功の鍵、2020年7月よりグループ3社へ展開~

2006年創業以来、1,000社以上の働き方改革に携わってきた株式会社ワーク・ライフバランス(本社:東京都港区、代表取締役:小室淑恵)が提供する、「グループ会社まるごと働き方改革コンサルティング」を、このほど...

no image

自治体と地元企業の働き方改革とデジタル対応を両軸で実現する8カ月の支援パッケージ 「自治体向け中小企業変革支援プラン」提供開始 〜三重県、大分県、山口県、高知県、富山県、岩手県、盛岡市等への地方自治体支援実績をもとに開発〜

働き方改革コンサルティングの株式会社ワーク・ライフバランス(本社:東京都港区、代表取締役:小室淑恵、以下「当社」)は、この度、地方自治体と地元企業の働き方改革とデジタル対応を両軸で実現する約8カ月の支援パッケ...

no image

長崎大学病院の外傷・救命・看護の3部署に働き方改革コンサルティングを導入 カンファレンス所要時間の約3割減に成功 〜業界初、医師の週4日勤務も開始、医療現場の成功モデルに〜

2006年創業以来、自治体・官公庁含め企業1,000社以上の働き方改革を支援する株式会社ワーク・ライフバランス(本社:東京都港区、代表取締役:小室淑恵)は、この度、提供する長時間労働削減及び生産性向上のための...