【取材のご案内 12月5日(月)14時30分】 新人看護師がVRで認知症の症状を本人視点で体験し、 患者ファーストの看護を再確認 〜コロナ禍で即戦力として求められる卒業生に学び直し(リスキリング)の場を提供〜

ハートランドしぎさん看護専門学校(所在地:奈良県生駒郡三郷町、学校長:竹林由浩、以下、「本校」)は、本校を卒業し現在看護師として活躍している卒業生が現在の悩みや課題を話し合う場としてカミングホーム(卒業生交流会)を毎年実施しています。その中で今年は「学び直し(リスキリング)」をテーマに、コロナ禍で即戦力としての働きを求められ、学び直しの機会が限られていた卒業生に「VR認知症※1」を通じて認知症の症状を本人視点で体験してもらい、改めて患者の立場に立って寄り添い看護に取り組むべきという「心構え」を学び直す機会を提供します。つきましては12月5日(月)14時30分より実施するVR認知症体験を報道関係者限定で公開しますので、ご案内します。

■卒業生交流会を行う背景
看護基礎教育を修得し、晴れて新人看護師となった卒業生は、学校で学んだ基礎と臨床現場で求められるものにギャップがあり、卒業時に1人でできるという看護技術が少なく、就職後、自信が持てないまま不安のなかで業務を行っています。そのような卒業生の気持ちを踏まえ、教員と話をする機会を設けることにより、就職してからの悩みや不安に対して教員としてアドバイスを行い、学校教育でのニーズと制約を見直し、また病院側との協働を図りたいと考え、カミングホームと題して毎年実施をしています。その内容を学校側から病院側にフィードバックしてもらう場を設け、組織的に対応すべき問題については双方で協議のうえ解決策を検討し、質の高い看護師の育成を目指しています。また、教員や同級生と久しぶりに集い、悩みや不安を打ち明けてアドバイスをもらうことで、職場での自分の役割意識や仕事に対するモチベーションを高めることにも繋がっています。


■卒業生交流会の詳細
 当日は、卒業生が臨床現場で働く中で感じる不安等の悩みに対応するべく、学校でフォローアップするため教員と卒業生が交流する時間を設けています。

また、2020年以降は新型コロナウイルス感染症の拡大によりにより緊急事態宣言が発令され、対面での授業が難しくなったうえ、病院・施設での臨地実習が難しい状況となりました。このように実習や対面での授業が例年通りに実施できずに卒業し、就職を迎えた卒業生は不安や心配を抱えながら現場で働いています。


そこで、今回は「リスキリング」をテーマに、シルバーウッド社が開発した「VR認知症」を用いて認知症の症状を本人視点で体験し、認知症の症状がある方への理解を深め「常に患者様と向き合い、患者様の立場に立ち、その場・その時に応じた最良の医療サービスを提供する」というハートランドグループの理念を今一度思い返し、学生時代に学習した内容を学び直す時間を設けています。

報道関係者の皆様においては、「VR認知症」を用いた学び直しに取り組んでいる卒業生の様子を見ていただく予定です。実際に卒業生や教員へのインタビュー調整なども可能です。取材希望の折には、11月30日(水)までにメール(infomation@shigisan.ac.jp)または FAX 返信票にてお申し込みください。


<カミングホーム(卒業生交流会) 概要>
1. 日時:令和4年12月5日(月) 14:00~15:00
2. 場所:ハートランドしぎさん看護専門学校(教室)
3. 住所:奈良県生駒郡三郷町勢野北4丁目13番1号
4. 内容:「卒業1年目の新人看護師がVRで認知症の症状を本人視点で体験」
コロナ禍により日々の業務に追われている新人看護師が今一度、母校に戻り「VR認知症」を用いて学び直しを行います。また、教員や同級生と久しぶりに集い、悩みや不安を打ち明けてアドバイスをもらう時間も設けております。
参加予定者:第46期生:23名、本校教員
5.スケジュール
  14:00~14:30:卒業生交流会
  14:30~15:00:VR認知症体験
  15:00~:取材・インタビュー等
 ※教員や同級生との交流の時間は、1年に1回ある唯一の交流の場になるので、その時間帯
に関しては、取材等はご遠慮いただきますようお願いいたします。14:15頃お越しください。
※駐車場の手配も可能ですので、希望される場合はその旨をご連絡ください。
※当日はマスクの着用と定期的なアルコール除菌、ソーシャルディスタンスの確保や室内の換気な
どの対策を講じ実施します。
※JR王寺駅より無料送迎バスもご利用できます。
 
※1:株式会社シルバーウッド  
VR認知症 https://angleshift.jp/

【本件に関するお問い合わせ先】
ハートランドしぎさん看護専門学校:島田(シマダ)・速水(ハヤミズ)
電話:0745-73-6600 メール:infomation@shigisan.ac.jp

お手数ですが、令和4年11月30日(水)17:00までにご都合をお知らせください。
日時:令和4年12月5日(月) 14:00~15:00
場所:ハートランドしぎさん看護専門学校(教室)
住所:奈良県生駒郡三郷町勢野北4丁目13番1号

ハートランドしぎさん看護専門学校のプレスリリース

no image

【取材のご案内 12月5日(月)14時30分】 新人看護師がVRで認知症の症状を本人視点で体験し、 患者ファーストの看護を再確認 〜コロナ禍で即戦力として求められる卒業生に学び直し(リスキリング)の場を提供〜

ハートランドしぎさん看護専門学校(所在地:奈良県生駒郡三郷町、学校長:竹林由浩、以下、「本校」)は、本校を卒業し現在看護師として活躍している卒業生が現在の悩みや課題を話し合う場としてカミングホーム(卒業生交流...

no image

プレスリリース【アフターコロナを見据えたオンライン融合型戴帽式を挙行】 コロナ禍で廃止する学校続出の中、伝統的な戴帽式を奮闘しながら実現 ナースキャップを戴く学生の様子を保護者にオンライン配信、画面を通じて会話も

ハートランドしぎさん看護専門学校(所在地:奈良県生駒郡三郷町、学校長:竹林由浩、以下「本校」)は、看護学生が教員から一人一人ナースキャップを戴き看護師になる宣誓をする儀式である伝統的な戴帽式を挙行しました。会...

no image

【アフターコロナを見据えたオンライン融合型戴帽式取材ご案内 9月22日10時】 コロナ禍で廃止する学校続出の中、伝統的な戴帽式を奮闘しながら実現 ナースキャップを戴く学生の様子を保護者にオンライン配信、画面を通じて会話も

豊かな人間性と、看護に必要な基礎的知識・技術・態度を養うことを基盤に看護師を育成するハートランドしぎさん看護専門学校(所在地:奈良県生駒郡三郷町、学校長:竹林由浩、以下「本校」)は、看護学生が教員から一人一人...

no image

新型コロナウイルス感染症予防対策に応じた独自の臨地実習を公開~コロナ禍で直接看護援助が行えない看護学生の臨地実習をVRを用いて対応~

ハートランドしぎさん看護専門学校(所在地:奈良県生駒郡三郷町、学校長:竹林由浩、以下「本校」)が、従来看護学生の実習で実施されるべき臨地実習がコロナ禍で実施できない中、現場実習と同等の学びを行いながら単位修得...

no image

【授業・取材のご案内】 新型コロナウイルス感染症予防対策に応じた独自の臨地実習を公開 ~コロナ禍で直接看護援助が行えない看護学生の臨地実習をVRを用いて対応~

豊かな人間性と、看護に必要な基礎的知識・技術・態度を養うことを基盤に看護師を育成するハートランドしぎさん看護専門学校(所在地:奈良県生駒郡三郷町、学校長:竹林由浩、以下「本校」)は、従来看護学生の実習で実施さ...

no image

看護学校 1 年生が演習からメンタルケアを学ぶ新設授業 新しい生活様式で変化する様々な世代の心を 捉えるインタビュー 実施 〜アフターコロナの看護にも不可欠な「対象の心を把握し支える」力を養う〜

ハートランドしぎさん看護専門学校(所在地:奈良県生駒郡三郷町、学校長:竹林由浩、以下、「本校」)が、「人々の心に寄り添い、心を支える看護力」を習得するカリキュラムを2022年度に新設し、その一環となる「看護の...

no image

【授業・取材のご案内】ハートランドしぎさん看護専門学校

【授業・取材のご案内 6月30日(木)13時】 看護学校1年生が演習からメンタルケアを学ぶ新設授業を公開 新しい生活様式で変化する人々の心をインタビューから学ぶ ~アフターコロナの看護にも不可欠な「対象...

no image

【授業・取材のご案内】ハートランドしぎさん看護専門学校

【授業・取材のご案内 6月30日(木)13時】 看護学校1年生が演習からメンタルケアを学ぶ新設授業を公開 新しい生活様式で変化する人々の心をインタビューから学ぶ ~アフターコロナの看護にも不可欠な「対象...