【9/29(火)14時イベント取材のご案内】空き家処分の不安を解消する新サービスを発表 「住まいの終活」トレンドや「コロナ禍の空き家解体」動向も解説(クラッソーネ)

株式会社クラッソーネ

2020年09月15日 13:00

報道関係者の皆様

初めまして。
解体工事の一括見積もりWebサービスを運営しております、株式会社クラッソーネ 広報 山際(やまぎわ)です。

近年「住まいの終活」や「空き家問題」に関する社会課題が注目されています。
当社運営の解体工事の一括見積もりWebサービスが、本課題の解決に寄与する事業戦略発表会を企画いたしました。
そこで、この度、報道関係者様向けの記者発表会として、9/29(火)14時より、空き家処分の不安を解消する新サービスの発表や、「住まいの終活」トレンドや「コロナ禍の空き家解体」動向を解説するセミナーをオンラインにて開催します。

当日は、当社CEO川口より解体工事業界の現状や今後の動向、当社事業の沿革、当社サービスの活用により「空き家問題」や「住まいの終活」など、社会問題の解決に寄与する事業戦略について解説します。業界について最新情報を収集いただく場としてご活用いただけますと幸いです。
ご参加希望の場合は、メール(pr@crassone.jp)にご連絡いただくか、添付いたしますFAX返信票にご記入いただき返信いただきますと、オンラインセミナーのURLをご案内いたします。

---------------------------------------------------------------------------  
【発表会の概要】
 日時  :2020年9月29日(火)14:00~15:00(途中入退室可、13:30~受付/入室可能)
 登壇者 :株式会社クラッソーネ 代表取締役CEO 川口 哲平/取締役COO 堀口 晃司

【当日の流れ】
 1) 登壇者紹介・会社紹介
 2) 「空き家問題」と解体市場の動向について
 3) 新サービス発表と今後の事業戦略
 4) まとめ/質疑応答 

【登壇者紹介】
●代表取締役CEO 川口哲平
愛知県出身。京都大学農学部卒業後、2005年にセキスイハイム中部株式会社に入社し、住宅営業として6年間勤務。セキスイハイムグループ3,000人の中で最優秀営業賞を受賞する。2011年3月に退職後、翌4月に株式会社クラッソーネを創業し現在に至る。 

●取締役COO 堀口晃司
愛知県出身。南山大学経営学部卒業後、2008年にセキスイハイム中部株式会社に入社し、住宅営業として4年間勤務。2012年9月に退職後、翌10月クラッソーネに入社する。解体事業部長を経て、取締役/COOに就任し、現在に至る。
---------------------------------------------------------------------------   
■株式会社クラッソーネについて(会社概要)
本社   :〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅5丁目7番30号 名駅東ビル4F
代表者  :代表取締役 川口 哲平
設立   :2011年4月1日
資本金  :152,985,000円(資本準備金含む)
URL   :https://www.crassone.co.jp
事業内容 :解体工事と外構(エクステリア)工事領域で、全国約2,300社の専門工事会社と施主をマッチングする一括見積もりWebサービス「くらそうね」「くらそうねエクステリア」を運営

【「くらそうね」サービス概要】
 今年4月に全国展開した新サービス「くらそうね」は、解体工事領域で、全国約1,000社の専門工事会社と施主をマッチングする一括見積もりWebサービスです。「くらそうね」は解体を希望する施主と解体工事会社をマッチングするサービスで、最短1分で最大10社のおすすめ工事会社を表示します。施主に対し工事会社を直接紹介することで、工事会社の多重下請け構造を解消し、施工費のコストダウンが可能です。また、口コミや工事実績などの会社情報を公開することで、施主が納得感をもって工事会社を選択することができます。

株式会社クラッソーネのプレスリリース

株式会社クラッソーネ

【9/29(火)14時イベント取材のご案内】空き家処分の不安を解消する新サービスを発表 「住まいの終活」トレンドや「コロナ禍の空き家解体」動向も解説(クラッソーネ)

報道関係者の皆様 初めまして。 解体工事の一括見積もりWebサービスを運営しております、株式会社クラッソーネ 広報 山際(やまぎわ)です。 近年「住まいの終活」や「空き家問題」に関する社会課題が...

オンライン版 Good & New.jpg

テレワーク中の社内コミュニケーションの活性化と従業員の負担軽減を目的に在宅勤務支援を開始 ~リモートでも従業員同士の雑談を促す「オンライン版 Good & New」や 月5千円を光熱費補助として支給する「在宅勤務手当」を実施~

 解体工事・外構工事の一括見積もりWebサービスを運営する株式会社クラッソーネ(名古屋市中村区、代表取締役 川口哲平、以下クラッソーネ)は、在宅勤務中の従業員同士の関係性を維持し生産性を高めるために、従来対面...

CEO川口(左)とCOO堀口(右).jpg

国内初、AIが最短1分で「住宅解体」の見積もり予想金額を算出 解体希望者と工事会社のマッチングサービス「くらそうね」正式版の提供開始

 解体工事・外構工事の一括見積もりWebサービスを運営する株式会社クラッソーネ(名古屋市中村区、代表取締役 川口哲平、以下クラッソーネ)は、この度、複数の解体工事会社による見積もり予想金額の算出をAIによって...

株式会社クラッソーネ

【住まいの終活に対する意識調査】 「終活」の認知は9割、一方で「住まいの終活」の認知は3割 「住まいの対応」を決めている人はわずか1割弱 ~相続・生前贈与予定の半数以上が「受け継ぐ人に住んで欲しい」と期待しつつも、 子や親族とすり合わせしていない実態も~

 解体工事・外構工事の一括見積もりWebサービスを運営する株式会社クラッソーネ(名古屋市中村区、代表取締役 川口哲平、以下クラッソーネ)は、住居用不動産を所有する50歳以上の男女536名に対して「住まいの終活...

20191211クラッソーネ_解体工事会社の経営実態調査.jpg

【解体工事会社の経営実態調査】 解体業界の二大課題は「産廃処理場不足」と「職人不足」 廃プラ輸出規制や近年の災害増加による産廃処理場不足が深刻化 不足人材トップは「職人(80.2%)」、一方、外国人実習生の活用は2割どまり

解体工事・外構工事の一括見積もりサービスを運営する株式会社クラッソーネ(名古屋市中村区、代表取締役 川口哲平、以下クラッソーネ)は、解体工事会社の経営状況について、当社の提携する解体工事会社101社を対象とし...