建設テックのクラッソーネ、シリーズAで約8億円の資金調達を実施、累計調達額約9.5億円 解体業界のDX推進と空き家問題の解決に貢献 ~ブランド認知拡大や開発体制強化を推進し事業拡大へ~

株式会社クラッソーネ

2020年12月14日 10:00

 解体工事の一括見積もりWebサービス「くらそうね」を開発・運営する株式会社クラッソーネ(名古屋市中村区、代表取締役CEO 川口哲平、以下「クラッソーネ」)は、JICベンチャー・グロース・インベストメンツ株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長CEO:鑓水 英樹)、Bonds Investment Group株式会社(東京都渋谷区、代表取締役:野内 敦)を引受先とする第三者割当増資により、総額約8億円の資金調達を実施しました。今回の調達により、クラッソーネの累計資金調達額は約9.5億円となりました。


■資金調達の目的と今後の展開
 当社は、「豊かな暮らしで人々を笑顔に」をミッションに、解体工事領域で施主と工事会社を直接つなぐマッチングプラットフォームとして、解体業界のデジタル化(DX)を推進する、一括見積もりWebサービス「くらそうね」を展開しています。これまで、累計3万8,000件以上(※1)の見積もり依頼実績があり、施主と工事会社の双方を支援してきました。
 JICベンチャー・グロース・インベストメンツ株式会社は、イノベーションを促進することで日本の国際競争力の向上を目指し、日本が直面する産業及び社会課題の解決を目指すことをミッションとした政府系ファンドです。産業革新投資機構(JIC)の1号ファンドとして2020年7月に設立されました。このたび、社会課題である空き家問題を解決する解体業界の先駆的なプラットフォーマーとして、業界のDXを推進し、SDGsに貢献しうる点が評価され、クラッソーネへの出資に至りました。既存株主である
 Bonds Investment Group株式会社については、前回ラウンドでの出資に引き続き、業界革新に期待できる企業として今回も当社への追加出資を決定しました。
今回の資金調達により解体工事の一括見積もりWebサービス「くらそうね」のブランド認知拡大、開発体制強化を推進し、さらに事業を拡大していきます。

(※1)旧サービス「くらそうね解体」の実績含む

■出資者一覧
JICベンチャー・グロース・ファンド1号投資事業有限責任組合(JICベンチャー・グロース・インベストメンツ株式会社)
BIG2号投資事業有限責任組合(Bonds Investment Group株式会社)

■出資者からのコメント
・JICベンチャー・グロース・インベストメンツ株式会社 代表取締役社長CEO 鑓水 英樹氏

人口減少に伴う空き家の増加は、我が国の社会課題、SDGsに関連する環境問題として、年々顕在化のスピードを速めています。クラッソーネ様は、創業以来、技術と業界知見を武器に、長年にわたりこの社会課題の解決に挑み、全国の工事会社様との相互信頼のネットワークを築いてこられました。弊社は、当社が開発提供するプラットフォームサービス「くらそうね」は、解体工事業界のDX化を促進し、当社のみならず、施主様、工事会社様、国や地域社会の皆様にとって有益な、四方良しのサービスに成長する事を確信し、この度出資を決定致しました。
弊社はこのようなベンチャー企業への支援を通じ、日本の幅広い産業へのリスクマネーの呼び水効果となることを目指しています。

・Bonds Investment Group株式会社 パートナー 日野 太樹氏

ご縁があってシード段階から投資させていただき、株主として、ともに挑戦し成長してきたクラッソーネの更なる事業成長に期待し、追加投資させていただきました。
DXがここまで上手くいった企業も珍しいのではないかという印象です。日本の大きな社会課題である建物の解体市場、およびその先の「豊かな暮らし」へのソリューションとして、更なる事業発展と、より社会へ貢献していく企業になることを楽しみにしており、引き続き、クラッソーネを支援していきたいと思います。

【「くらそうね」サービス概要】
 今年4月に全国展開した新サービス「くらそうね」は、解体工事領域で、全国約1,300社の専門工事会社と施主をマッチングする一括見積もりWebサービスです。特徴としては、最短1分で複数社のおすすめ工事会社を表示します。施主に対し工事会社を直接紹介することで、工事会社の多重下請け構造を解消し、施工費のコストダウンが可能です。また、口コミや工事実績などの会社情報を公開することで、施主が納得感をもって工事会社を選択することができます。

■施主向けサービス「くらそうね」
・URL :https://www.crassone.jp
・施主利用料:無料
・主な機能・サービス
 工事会社情報閲覧:工事会社について「対応マナー」「追加費用」「工事品質」「工期遵守」「近隣配慮」の5項目から定量的な評価や口コミを確認可能
 メッセージ送受信:工事会社と直接メッセージの送受信が可能
 専門スタッフ相談:解体工事における不安点や疑問点について「くらそうね」担当スタッフへ相談でき、見積もり内容の相談から工事完了までを一気通貫でサポート
 契約締結 :クラウドサインを用いた電子契約により契約手順を簡略化

■工事会社向けサービス「くらそうねbiz」
・URL : https://www.crassone.jp/biz/index
・工事会社利用料:初期費用無料、月額利用料無料、成約手数料 工事金額の10%
・工事会社の「くらそうね」利用メリット
 集客効果 :自社の口コミや会社情報を確認した施主のみが本見積もりを申し込むため、受注確度が高い顧客を獲得可能
 業務効率アップ:アプリ上で見積もり作成と顧客への送付ができるなど業務手順の効率化が可能
・利用申し込み方法:下記の専用フォーム、専用フリーダイヤルから申し込みを受け付け
 専用フォーム:https://go.crassone.jp/signup
 フリーダイヤル:0120-849-165

■株式会社クラッソーネ 代表取締役CEO 川口 哲平 プロフィール
 愛知県名古屋市生まれ。1983年1月25日生まれ。京都大学農学部・地域環境工学科卒。大学でダムや用水路の設計、機械設計を学ぶ。卒業後、2005年にセキスイハイム中部株式会社に入社し、住宅営業として6年間勤務。セキスイハイムグループ3,000人の中で最優秀営業賞を受賞する。2011年3月に退職後、翌4月に株式会社クラッソーネを創業し現在に至る。
 大きな社会課題となっている空き家問題を解決するため、今後は住宅解体から、不用品の回収、お金の工面、土地の売却までを可能にするワンストップサービスを目指していく。


■株式会社クラッソーネについて(会社概要)
本社 :〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅5丁目7番30号 名駅東ビル4F
代表者 :代表取締役CEO 川口 哲平
設立 :2011年4月1日
資本金 :952,985,520円(資本準備金含む)
URL :https://www.crassone.co.jp
事業内容:解体工事と外構(エクステリア)工事領域で、全国約2,600社の専門工事会社と施主をマッチングする一括見積もりWebサービス「くらそうね」「くらそうねエクステリア」を運営

株式会社クラッソーネのプレスリリース

横瀬町_講演資料.png

【セミナーレポート:空き家問題解決に向けたベンチャー企業との「公民連携」最前線】自治体が抱える課題や公民連携の活用事例を、相続・利活用/売却・除却の視点から解説 ~空き家に課題を抱える全国104自治体181名が参加~

 解体工事の一括見積もりWebサービス「クラッソーネ」を運営する株式会社クラッソーネ(愛知県名古屋市、代表取締役:川口哲平、以下「当社」)は、行政・自治体職員と事業者向けに社会問題化する空き家に対し、今必要な...

サムネイル画像.jpg

【建設テックのクラッソーネと不動産テックのFANTAS technologyが業務提携】空き家のリノベーションや活用相談・解体工事の相互サポートを開始 ~所有者が手間なく利活用や解体ができる環境を整備し、空き家問題解決と地方創生に貢献~

 解体工事の一括見積もりWebサービスを運営する株式会社クラッソーネ(愛知県名古屋市、代表取締役:川口 哲平、以下「当社」)と、不動産テックのFANTAS technology株式会社(本社:東京都渋谷区、代...

サムネイル用.jpg

<空き家問題に関する自治体連携の取り組み>2021年は18自治体と連携し、地域の空き家問題解決を推進 〜国交省モデル事業採択の「AI解体費用シミュレーター」などを活用、地銀との3 社連携も〜

 解体工事の一括見積もりWebサービス「クラッソーネ」を運営する株式会社クラッソーネ (本社:愛知県名古屋市、代表取締役:川口哲平、以下「当社」)は、この度、自治体が抱える空き家問題の解決促進を目的として、...

クラッソーネ_サムネイル.jpg

建設テックのクラッソーネ、シリーズAで約8億円の資金調達を実施、累計調達額約9.5億円 解体業界のDX推進と空き家問題の解決に貢献 ~ブランド認知拡大や開発体制強化を推進し事業拡大へ~

 解体工事の一括見積もりWebサービス「くらそうね」を開発・運営する株式会社クラッソーネ(名古屋市中村区、代表取締役CEO 川口哲平、以下「クラッソーネ」)は、JICベンチャー・グロース・インベストメンツ株式...

株式会社クラッソーネ

【9/29(火)14時イベント取材のご案内】空き家処分の不安を解消する新サービスを発表 「住まいの終活」トレンドや「コロナ禍の空き家解体」動向も解説(クラッソーネ)

報道関係者の皆様 初めまして。 解体工事の一括見積もりWebサービスを運営しております、株式会社クラッソーネ 広報 山際(やまぎわ)です。 近年「住まいの終活」や「空き家問題」に関する社会課題が...

オンライン版 Good & New.jpg

テレワーク中の社内コミュニケーションの活性化と従業員の負担軽減を目的に在宅勤務支援を開始 ~リモートでも従業員同士の雑談を促す「オンライン版 Good & New」や 月5千円を光熱費補助として支給する「在宅勤務手当」を実施~

 解体工事・外構工事の一括見積もりWebサービスを運営する株式会社クラッソーネ(名古屋市中村区、代表取締役 川口哲平、以下クラッソーネ)は、在宅勤務中の従業員同士の関係性を維持し生産性を高めるために、従来対面...

CEO川口(左)とCOO堀口(右).jpg

国内初、AIが最短1分で「住宅解体」の見積もり予想金額を算出 解体希望者と工事会社のマッチングサービス「くらそうね」正式版の提供開始

 解体工事・外構工事の一括見積もりWebサービスを運営する株式会社クラッソーネ(名古屋市中村区、代表取締役 川口哲平、以下クラッソーネ)は、この度、複数の解体工事会社による見積もり予想金額の算出をAIによって...

株式会社クラッソーネ

【住まいの終活に対する意識調査】 「終活」の認知は9割、一方で「住まいの終活」の認知は3割 「住まいの対応」を決めている人はわずか1割弱 ~相続・生前贈与予定の半数以上が「受け継ぐ人に住んで欲しい」と期待しつつも、 子や親族とすり合わせしていない実態も~

 解体工事・外構工事の一括見積もりWebサービスを運営する株式会社クラッソーネ(名古屋市中村区、代表取締役 川口哲平、以下クラッソーネ)は、住居用不動産を所有する50歳以上の男女536名に対して「住まいの終活...

20191211クラッソーネ_解体工事会社の経営実態調査.jpg

【解体工事会社の経営実態調査】 解体業界の二大課題は「産廃処理場不足」と「職人不足」 廃プラ輸出規制や近年の災害増加による産廃処理場不足が深刻化 不足人材トップは「職人(80.2%)」、一方、外国人実習生の活用は2割どまり

解体工事・外構工事の一括見積もりサービスを運営する株式会社クラッソーネ(名古屋市中村区、代表取締役 川口哲平、以下クラッソーネ)は、解体工事会社の経営状況について、当社の提携する解体工事会社101社を対象とし...