創業134年、紙製品・化成品メーカーマルアイがシニア市場に本格参入 介護レクリエーションDXを推進。高齢者コミュニケーション希薄化の解決も視野に 〜祝儀・レター用品等、人と人のこころをつなぐ製品・サービス開発で得た知見・ノウハウを活用〜

株式会社マルアイ

2022年09月14日 10:00

 「こころ くらし 包む」をモットーに、さまざまな紙製品を通じて毎日のくらしに彩りと楽しさを提供する紙製品・化成品メーカーの株式会社マルアイ(本社:山梨県市川三郷町、代表取締役社長:村松道哉)は、この度、高齢者のコミュニケーションの希薄化問題を解決するべく、シニア市場に本格参入します。

■背景
 2007年に超高齢社会に突入した日本は、2022年現在65歳以上の人口は3,621万人で、高齢化率が28.9%にのぼっています。2025年には約30.0%、2050年には約37.7%と、今後も高齢化が続くものと見込まれています※。そのような超高齢社会の状況下、高齢者においては、昨今の新型コロナウイルス感染拡大の影響で家族との交流や地域でのつながりの場がなくなるなどコミュニケーション希薄化が進行し、高齢者の孤立が深刻化しています。高齢者が孤立すると、コミュニケーション不足による認知症の進行や、孤独死の増加につながりかねないため、問題の解決が急務です。

 また介護業界においては、少子高齢化に伴い需要が急拡大し人材不足が深刻化しています。採用が困難であることに加え、離職率が高いため採用コストが増加し、経営状態が厳しくなっている介護事業所も少なくありません。
 一方で、需要の急拡大を受け介護事業所数は増加傾向にあり、競争が激しくなっています。これを受け、事業所ごとにサービスの差別化を図る重要性が増していますが、人材不足から現状のサービス提供を維持することで手一杯の状況です。

※「令和4年版高齢社会白書」(https://www8.cao.go.jp/kourei/whitepaper/w-2022/zenbun/pdf/1s1s_01.pdf

■シニア市場本格参入の目的
 創業134年になる当社は、戦後、祝儀品や封筒、冠婚葬祭にまつわる用品などを数多く作りつづけてきました。近年は、「こころ くらし 包む」をモットーに、人と人のこころをつなぎ、コミュニケーションを生む製品やサービスの開発に注力しています。
 長年、人々の気持ちやくらしに寄り添いつづけてきたマルアイだからこそ提供できるコミュニケーションツールをもって、高齢者のコミュニケーションの希薄化問題、ひいては超高齢社会、介護業界を取り巻く課題の解決に貢献したいと考え、シニア市場への本格参入を決定しました。

■当社の事業展開について
⑴ コミュニケーションを生み出すツール「まるレク便」を2023年3月より本格的に提供開始
 「まるレク便」はレクリエーション素材の定期便サービスです。2021年11月より販売しているレク素材「ピースぬりえ」はA1サイズの巨大なぬりえを9つのピースに分割したものです。複数人で1つの作品を仕上げますが、1ピースごとに分割されているため、ソーシャルディスタンスを保ちながら、コロナ禍でもコミュニケーションを生み出すことができるレク素材です。これまでに約20施設へ提供し、介護従事者からは「レクリエーションを実施する負担が減った」「活動中の会話が生まれやすい」、施設利用者からは「通う楽しみにつながる」などの反響がありました。
 今後は「まるレク便」を介護従事者にとって負担が重いレクリエーションの企画立案から実施までを一気通貫でサポートするトータルソリューションとしてブラッシュアップし、2023年3月から本格的に提供を開始する予定です。

⑵ 介護に携わる人々の交流の場「まるコミ カフェ」の運営開始
 「まるコミ カフェ」は、介護に携わるさまざまな人が集い、交流する場です。人材不足や離職などの問題を抱える介護業界において、横のつながりや業界を超えたネットワークをつくることにより、課題解決につなげていくことが目的です。第1回 は東京(9月29日)、第2回は群馬(10月)にて開催予定です。

⑶ 社内教育の実施・資格取得の奨励
 当社では、シニア市場へ参入するにあたり、介護に関する知識の習得を目的に社内教育を実施しています。8月には「レクリエーション介護士2級」の資格を10名の社員が取得しました。

<マルアイについて>
1888(明治21)年創業。山梨県市川大門に本社を構え、祝儀袋や事務用封筒などの日用紙製品と、食品や精密機器を保護するための産業用包材を製造・販売しています。中でも祝儀袋・不祝儀袋は合わせて約500種類以上を展開し、業界で高いシェアを占めています。「こころ くらし 包む」をモットーに、みなさまの暮らしを豊かにする製品を提供しています。https://maruai.co.jp

<本件に関するお問い合わせ先>
株式会社マルアイ 広告宣伝課
E-MAIL:pr@maruai.co.jp
TEL: 070-7416-9988(宮﨑) 070-7416-9987(安村)

株式会社マルアイのプレスリリース

クリスマス多当_1.jpg

クリスマスプレゼントでZ世代に人気の「お金」と日頃の気持ちをセットで贈る メッセージを添えて現金を贈れるクリスマス専用の祝儀袋 2022年9月22日(木)新発売

 「こころ くらし 包む」をモットーに、さまざまな紙製品を通じて毎日のくらしに彩りと楽しさを提供する紙製品・化成品メーカーの株式会社マルアイ(本社:山梨県市川三郷町、代表取締役社長:村松道哉)は、この度、クリ...

20220914_low.jpg

創業134年、紙製品・化成品メーカーマルアイがシニア市場に本格参入 介護レクリエーションDXを推進。高齢者コミュニケーション希薄化の解決も視野に 〜祝儀・レター用品等、人と人のこころをつなぐ製品・サービス開発で得た知見・ノウハウを活用〜

 「こころ くらし 包む」をモットーに、さまざまな紙製品を通じて毎日のくらしに彩りと楽しさを提供する紙製品・化成品メーカーの株式会社マルアイ(本社:山梨県市川三郷町、代表取締役社長:村松道哉)は、この度、高齢...

hoharu_1.jpg

人気の洋花デザインの祝儀袋シリーズに、和・洋どちらの結婚式にも映える『帆晴金封』が登場 2022年12月下旬 新発売

 「こころ くらし 包む」をモットーに、さまざまな紙製品を通じて毎日のくらしに彩りと楽しさを提供する紙製品・化成品メーカーの株式会社マルアイ(本社:山梨県市川三郷町、代表取締役社長:村松道哉)は、この度、和装...

swl_1.jpg

人気のシーリングワックスの雰囲気を手軽に楽しめるレターセット、付属のシールを貼るだけで手紙を贈る相手に特別感を演出 2022年12月14日(水)新発売

 「こころ くらし 包む」をモットーに、さまざまな紙製品を通じて毎日のくらしに彩りと楽しさを提供する紙製品・化成品メーカーの株式会社マルアイ(本社:山梨県市川三郷町、代表取締役社長:村松道哉)は、この度、手軽...

2022年夏休みの親戚付き合いに関する調査_1.png

【2022年夏休みの親戚付き合いに関する調査】 夏休み「親族で集まる」人は1割程度、「自宅でゆっくりする」巣ごもり派が約7割 親戚付き合いについて4割が「何もしない」、「電話をかける」人も2割程度 〜コロナ禍で進む『親戚付き合いの希薄化』が顕著に〜

「こころ くらし 包む」をモットーに、さまざまな製品を通じて毎日のくらしに彩りと楽しさを提供する紙製品・化成品メーカーの株式会社マルアイ(本社:山梨県市川三郷町、代表取締役社長:村松道哉)は、この度、20代以...