課題解決型の『サステナビリティライン』の提供を拡充 コロナ禍で顕在化したフラワーロス削減につながるタオルを「はなさく生命」が採用 〜リサイクルやアップサイクルを中心に、モノとコトの両面で企業のサステナビリティ課題を解決〜

オンワード商事株式会社

2022年09月14日 10:00

オンワード商事株式会社(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:村上 哲)は、企業のセールスプロモーションやブランディングなどにおける課題を解決するインサイトセールス事業にて、企業のSDGsへの取り組み意識の高まりを受けて、企業ごとに課題やイメージを相談しながら、地球環境に配慮した製品等を提案する課題解決型の取り組み『サステナビリティライン』の提供を拡充しています。
この度、はなさく生命(本社:東京都港区 代表取締役社長:増山 尚志)へ、配布ノベルティとして、コロナ禍における市場価格の低迷により出荷調整対象となった廃棄予定の薔薇で染めたハンドタオルを提供したことをお知らせいたします。

【『サステナビリティライン』を拡充する背景】
当社インサイトセールス事業は、クライアント企業のセールスプロモーションやブランディングなどにおける課題解決に向けた個別の提案を行っています。
関東経済産業局が2018年10月に実施した「中小企業のSDGs認知度・実態等調査」*によると、『SDGsについての対応を検討・実施していない企業(SDGsを知らない企業含む)』における「SDGsの印象」について、「取り組みの必要性は理解するが、取り組む余裕はない(38.4%)」と「取り組みの必要性は理解するが、何から取り組んでいいかわからない(14.3%)」を合わせると52.7%と半数を超えます。
こうした企業でのSDGsへの取り組みニーズが高まっていることを受け、サステナビリティラインの提供を拡充しています。
*関東経済産業局「中小企業のSDGs認知度・実態等調査」
https://www.kanto.meti.go.jp/seisaku/sdgs/data/20181213sdgs_chosa_houkoku_gaiyo.pdf

【はなさく生命事例】
「はなさく生命」という社名にちなんで、花に関連する製品であり、さらにSDGsに配慮した製品として薔薇染めタオルを提案し採用されました。タオルの染料として使用する薔薇は、コロナ禍における市場価格の低迷により出荷調整対象となった廃棄予定のものです。なお、廃棄予定の薔薇は、株式会社ジャパン・フラワー・コーポレーション(本社:富山県射水市 代表取締役社長:松村 吉章)のスマイルフラワープロジェクトの協力で調達しています。
※株式会社ジャパン・フラワー・コーポレーションの「スマイルフラワープロジェクト」調べによると、日本では年間10億本を超える花が廃棄されており、「フラワーロス」問題として昨今注目を集めています。

◆はなさく生命 エージェンシーマーケット推進部 担当者 コメント
<背景>
オンワード商事様から「廃棄予定の薔薇の花びらを使って染めたハンドタオルを作りませんか」とお声がけいただき、 「スマイルフラワープロジェクト」についてお教えいただいたのがきっかけです。社名の通り、はなさく生命ではこれまでお花をデザインに採用した様々なノベルティを作成してきました。ノベルティを作成する中で、「コロナ禍による市場縮小で廃棄予定のお花を救う」の一端を担えることに共感し、採用に至りました。
<反響>
ハンドタオルは外出時の必需品であり、「薔薇を使った染色により非常にかわいらしいピンク色です」と多くの感想を頂いています。また、肌触りにもこだわりオンワード商事様のご協力のもと何度も試作を繰り返した結果、ノベルティとは思えないクオリティだと好評を頂いております。

◆オンワード商事 インサイトセールス第2Div. コンサルティング3課 枦山 なつみ コメント
本企画は、“廃棄予定のお花を使う”という部分に共感いただき、商品化が実現いたしました。商品化に至るまで様々な困難もありましたが、無事ノベルティとして展開いただき、はなさく生命様を通して少しでもお花の廃棄について世の中の方々へ知っていただくきっかけとなれば幸いです。

その他、当社のサステナビリティに関する取り組みの詳細は以下ページをご覧ください。 https://www.onward-shoji.co.jp/sustainability/

■オンワード商事株式会社 概要
「ヒトと地球(ホシ)の、明日(あした)の笑顔をデザインしつづける。」をパーパスに掲げ、法人向けにブランディングやセールスプロモーション、CSRなど、お客様の課題解決へのご提案を行っています。
代表者:代表取締役社長 村上 哲
所在地:〒102-8115東京都千代田区飯田橋二丁目10-10
設立:1962年(昭和37年)4月23日
事業内容:ユニフォーム、セールスプロモーショングッズ、メンズウェア、ジュエリー、レディスウェア、雑貨、健康関連商品の企画・生産・販売
URL:https://www.onward-shoji.co.jp/

■このリリースに関するお問い合わせは下記までお願いいたします
オンワード商事㈱ 広報担当 三島
TEL:03-5226-1333 E-mail:pr-sj@onward.co.jp

オンワード商事株式会社のプレスリリース

T3.png

課題解決型の『サステナビリティライン』の提供を拡充 コロナ禍で顕在化したフラワーロス削減につながるタオルを「はなさく生命」が採用 〜リサイクルやアップサイクルを中心に、モノとコトの両面で企業のサステナビリティ課題を解決〜

オンワード商事株式会社(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:村上 哲)は、企業のセールスプロモーションやブランディングなどにおける課題を解決するインサイトセールス事業にて、企業のSDGsへの取り組み意識の高...

サステナビリティ サムネイル.png

2021年度の「サステナビリティレポート」を公開 サステナブルなコトやモノを推進する組織も新設 〜働き方や、学び方、そして人々の消費意識もエシカルにデザイン〜

オンワード商事株式会社(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:村上 哲)は、2020年12月から持続可能な社会の実現を目的にサステナビリティ方針を掲げています。この度、2021年度に取り組んだ内容とその結果を...

トップ写真.jpg

弘前市とオンワード商事が廃棄物から新たな商品を生み出す活動を開始 土淵川などの市内5河川含む約80ヶ所を市長や社員、学生らでゴミ拾いを実施 〜集まった河川のペットボトルゴミを繊維に再生し、制服などを製造するアップサイクル〜

オンワード商事株式会社(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:村上 哲)は、青森県弘前市とアップサイクル推進に向けた連携・協力に関する協定を締結しました。その第一弾の取り組みとして、7月24日(日)に河川の清...

プランニングラボ1.jpg

産官学連携の高校生版ビジネススクール「東京プランニング・ラボ」に参画 ビジネスを通じたサステナビリティや社会課題について議論する機会を提供 テーマは、「2030年のユニフォーム」

オンワード商事株式会社(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:村上 哲)は、2022年7月より東京都教育委員会・東京都商業高等学校長会と産官学連携で、都立商業高校生に実践的なビジネスの学びの場を提供することを...

IMG_E3112.JPG

オンワード商事が青森県弘前市とアップサイクル推進に向けた連携・協力協定を締結 河川のペットボトルゴミを地元自治体・学校・企業の制服等へ再生する資源再生事業 ~地域で消費された廃棄物・不用品を地元でリサイクルし地域で再活用、循環型社会の形成へ~

オンワード商事株式会社(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:村上 哲)は、青森県弘前市内で発生する廃棄物の有効活用により、弘前市ならではの新たな価値を創造することを目的に、アップサイクル推進に向けた連携・協...

【三島用】ユニフォームタスクデジタル化2 資料.jpg

【当社のユニフォーム製作におけるDXの取り組みについて】 バーチャル3Dアバターの活用でサンプル作製数を削減、40%削減の事例も/リモート採寸システムの導入により、ルートインジャパン(株)などの採寸コスト削減に成功

オンワード商事株式会社(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:村上 哲)は、サステナブルなモノづくりを目的に、一昨年からユニフォーム製作におけるデジタル化を開始し、現在まで取り組みを加速させてきました。この度...

IMG_2680.JPG

切り替え予定の災害時用備蓄食料を有効活用のため寄付 食品ロスの削減と社会貢献を目指す取り組みにより、サステナビリティを推進 〜食料品等は子ども食堂での配布や、貧困世帯・ひとり親世帯への配布予定〜

オンワード商事株式会社(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:村上 哲)は、社会貢献活動の一環として切り替え予定の災害時用備蓄食料と飲料を、JADE緊急開発支援機構及び一般社団法人復興支援士業ネットワークに寄...