【当社のユニフォーム製作におけるDXの取り組みについて】 バーチャル3Dアバターの活用でサンプル作製数を削減、40%削減の事例も/リモート採寸システムの導入により、ルートインジャパン(株)などの採寸コスト削減に成功

オンワード商事株式会社

2022年07月05日 14:00

オンワード商事株式会社(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:村上 哲)は、サステナブルなモノづくりを目的に、一昨年からユニフォーム製作におけるデジタル化を開始し、現在まで取り組みを加速させてきました。この度、その取り組みや成果についてまとめましたので、お知らせします。

主な取り組みと成果
1)アパレル3D着装シミュレーションシステム「CLO(クロ)」を導入し、効率的なサンプル作製を実現。
2)サイズ推奨からオーダー集計業務までリモート採寸を実現する「UOS(ウオス)」を導入。適正サイズのレコメンド機能により、サイズ違い等のロスを減少。

■取り組み詳細について
1)アパレル3D着装シミュレーションシステム「CLO」

【導入に至った背景】
2年前のコロナウイルス流行により、リモートワークやWEBプレゼンが徐々に増えるなどユニフォーム業界にもデジタル化が進んだことで、「効果的なプレゼンの手法」「他社との差別化」「サステナブルなモノづくり」を考えた結果、「CLO」の導入に至りました。

【成果】
1.サンプル作製数の削減
色・柄替えや仕様の修正を「CLO」上で即時に修正が可能になったことによりサンプル作製数を削減。当社の医療従事者向けカタログ「Raffiria(ラフィーリア)」の2022年度第1四半期社内サンプル検討会においても「CLO」を活用し、40%のサンプル削減に成功しました。

2.データの効果的なアーカイブ
実物サンプルは保存できるスペースや期限に限りがあり、廃棄してしまうため、2Dのパターンデータのみでは活用が限定的でした。実物サンプルがなくても3Dのデータが残るので、デザイン参考資料として活用しています。

3.バーチャル空間での表現・プレゼンテーションツールとしての活用
アバターにサンプルを着用させて動きやデザイン、店舗等の空間での見え方を確認することができます。そのため、同一空間で様々な年齢、性別、体型の方が着用しているユニフォームならではのシチュエーションをバーチャル上で表現することで、着用シーンを想像しやすいプレゼンテーションを実現しました。

【担当者コメント:ユニフォームプロデュースDiv. 藤井大貴】
世の中のデジタル化が進む中、アパレル業界はデジタル化が遅れていると感じますし、次第にデジタルが、そして「CLO」を使うことが当たり前になるのではと考えられます。時代の波に乗り遅れず、ユニフォーム業界内でも先駆けとしてこの「CLO」を活用していくことで、他社との差別化を図ることが出来ると私は思います。「CLO」を今後も有効活用できるよう、社内体制を整え、当社の提案の1つの武器として活用していきます。


2)サイズ推奨からオーダー集計業務までリモート採寸を実現する「UOS」

【導入に至った背景】
従来、企業や学校のユニフォームの採寸業務は、多くの着用者が集まって実際にサンプルを着用のうえ、データをアナログ集計しなければならないため、多大なる時間と労力がかかり、さらに手作業での集計による人為的なミスの発生も避けられない状況でした。そこでユニフォームの採寸やオーダー集計業務のデジタル化を推進するため、ユニフォームオーダーシステム「UOS」を導入しました。

【成果】
1.コロナ禍の三密を避けるリモート採寸が可能
機械学習アルゴリズム(AI)を用い、スマートフォン端末で撮影した正面と側面の全身写真から、腕の長さや肩幅などの体型を採寸します。従来のように会場に赴き対面で採寸することなく、リモートでの採寸を実現しました。
2.データ化による作業時間の短縮
採寸会場の手配や時間調整、採寸スタッフの人件費、集計データの取りまとめなど、今までかかっていた時間・手間・コストを大幅に削減しました。

3.人為的ミスと返品率削減
従来行われてきた紙やExcelを用いた採寸情報の管理は、人為的な作業ミスにつながるリスクがありましたが、「UOS」ならオーダー受付時に自動集計します。さらに生産サイズ明細の精度向上によって発注後の返品・交換を減らし廃棄数を削減しました。

【導入企業様事例】
ルートインジャパン株式会社(ホテルフロント制服)
導入開始:2021年12月
ルートインジャパン(株)様コメント:従来まで採寸で発生していた経費(会場費・交通費)を大幅に削減することができ、システムについてもやり方の問い合わせもなくスムーズに運用できました。また、リモート採寸の利便性だけではなく、集計までできるということが良かったです。

【担当者コメント:ユニフォームセールス第1Div.長 井本圭宣】
AI採寸・集計業務のデジタル化推進のため2020年より導入致しましたが、結果的にコロナウイルスの影響を受け、お客様の問い合わせ・反響が数多くあり、予想以上に伸びていると感じています。今後、「UOS」の利用をより促進することで、導入いただく企業様の時間コスト、肉体的コストの削減と、サステナブルなモノづくりの推進に努めてまいります。

■導入システムについて
・アパレル3D着装シミュレーションシステム「CLO」
国内販売代理店:株式会社ユカアンドアルファ(本社:東京都渋谷区)
URL:https://yuka-alpha.com/clo/
(導入時期:2021年3月)

・ユニフォームオーダーシステム「UOS」
提供企業:株式会社メイキップ(本社:東京都新宿区)
URL:https://cl.unisize.makip.co.jp/lp/uos-company.html
(導入時期:2020年10月)

■オンワード商事株式会社 概要
「ヒトと地球(ホシ)の、明日(あした)の笑顔をデザインしつづける。」をパーパスに掲げ、法人向けにブランディングやセールスプロモーション、CSRなど、お客様の課題解決へのご提案を行っています。
代表者:代表取締役社長 村上 哲
所在地:〒102-8115東京都千代田区飯田橋二丁目10-10
設立:1962年(昭和37年)4月23日
事業内容:ユニフォーム、セールスプロモーショングッズ、メンズウェア、ジュエリー、レディスウェア、雑貨、健康関連商品の企画・生産・販売、催事販売会開催・運営
URL:https://www.onward-shoji.co.jp/

■このリリースに関するお問い合わせは下記までお願いいたします
オンワード商事㈱ 広報担当 三島
TEL:03-5226-1333 E-mail:pr-sj@onward.co.jp

オンワード商事株式会社のプレスリリース

トップ画像.jpg

オンワード商事がヘインズブランズ ジャパンと法人向けユニフォームを共同開発 ~第 1 弾は「Champion」初のメディカルウェア、環境配慮素材を採用し来春販売へ~

法人向け別注ユニフォームの企画・生産・販売を行うオンワード商事株式会社(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:村上 哲)は、オーセンティック アメリカン アスレチックウェアブランドの「Champion(チャン...

トップ画像.png

ANAとオンワード商事の共同アップサイクル 飛行機の廃シートカバーをルームシューズに!社員発案で廃棄から再利用へ 〜スリッパ生産量全国一の山形県河北町で手作りし限定販売〜

法人向け別注ユニフォームの企画・生産・販売を行うオンワード商事株式会社(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:村上 哲)は、ANAホールディングス株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長:芝田 浩二)とのア...

トップ画像.png

ANAとオンワード商事の共同アップサイクル 飛行機の廃シートカバーをルームシューズに!社員発案で廃棄から再利用へ 〜スリッパ生産量全国一の山形県河北町で手作りし限定販売〜

法人向け別注ユニフォームの企画・生産・販売を行うオンワード商事株式会社(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:村上 哲)は、ANAホールディングス株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長:芝田 浩二)とのア...

no image

ANAとオンワード商事の共同アップサイクル 飛行機の廃シートカバーをルームシューズに!社員発案で廃棄から再利用へ 〜スリッパ生産量全国一の山形県河北町で手作りし限定販売〜

法人向け別注ユニフォームの企画・生産・販売を行うオンワード商事株式会社(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:村上 哲)は、ANAホールディングス株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長:芝田 浩二)とのア...

トップ画像.png

ANAとオンワード商事の共同アップサイクル 飛行機の廃シートカバーをルームシューズに!社員発案で廃棄から再利用へ 〜スリッパ生産量全国一の山形県河北町で手作りし限定販売〜

法人向け別注ユニフォームの企画・生産・販売を行うオンワード商事株式会社(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:村上 哲)は、ANAホールディングス株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長:芝田 浩二)とのア...

no image

観月ありさがメディカルウェアを初プロデュース オンワード商事・豊島とタッグを組み、10月21日(金)より受注販売開始 ~ドラマでの着用経験を活かし、コロナ禍の医療従事者をデザインと着心地でサポート~

法人向け別注ユニフォームの企画・生産・販売を行うオンワード商事株式会社(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:村上 哲)は、この度、歌手・女優の観月ありささんプロデュースのもと、豊島株式会社(本社:名古屋市中...

T3.png

課題解決型の『サステナビリティライン』の提供を拡充 コロナ禍で顕在化したフラワーロス削減につながるタオルを「はなさく生命」が採用 〜リサイクルやアップサイクルを中心に、モノとコトの両面で企業のサステナビリティ課題を解決〜

オンワード商事株式会社(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:村上 哲)は、企業のセールスプロモーションやブランディングなどにおける課題を解決するインサイトセールス事業にて、企業のSDGsへの取り組み意識の高...

サステナビリティ サムネイル.png

2021年度の「サステナビリティレポート」を公開 サステナブルなコトやモノを推進する組織も新設 〜働き方や、学び方、そして人々の消費意識もエシカルにデザイン〜

オンワード商事株式会社(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:村上 哲)は、2020年12月から持続可能な社会の実現を目的にサステナビリティ方針を掲げています。この度、2021年度に取り組んだ内容とその結果を...

トップ写真.jpg

弘前市とオンワード商事が廃棄物から新たな商品を生み出す活動を開始 土淵川などの市内5河川含む約80ヶ所を市長や社員、学生らでゴミ拾いを実施 〜集まった河川のペットボトルゴミを繊維に再生し、制服などを製造するアップサイクル〜

オンワード商事株式会社(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:村上 哲)は、青森県弘前市とアップサイクル推進に向けた連携・協力に関する協定を締結しました。その第一弾の取り組みとして、7月24日(日)に河川の清...

プランニングラボ1.jpg

産官学連携の高校生版ビジネススクール「東京プランニング・ラボ」に参画 ビジネスを通じたサステナビリティや社会課題について議論する機会を提供 テーマは、「2030年のユニフォーム」

オンワード商事株式会社(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:村上 哲)は、2022年7月より東京都教育委員会・東京都商業高等学校長会と産官学連携で、都立商業高校生に実践的なビジネスの学びの場を提供することを...