<広島在住の子育て中のママに聞いた>年末年始の移動事情 緊急調査を実施

株式会社CREATIVELABHOLDONGS

2020年11月27日 17:11

◆調査背景
2020年2月より、全国で感染拡大している新型コロナウィルス。その影響で、学校行事の中止・縮小や各種施設の休業など、学ぶ機会・遊ぶ場所を失い、困っている子育て家庭も多いのではないでしょうか。
一旦は落ち着いたかのように見えた感染状況は、11月に入り、またも悪化。現在、第3波の状況下で、広島で暮らす多くの家庭が、あらゆる感染拡大防止対策を講じながら毎日を過ごしている状況です。
そのような事態の中、peekabooが運営する子育て情報サイト「pikabu」では、子育て中のママがこの時期、一番頭を悩ませている問題「年末年始の帰省事情」について調査しました。本調査では、子どもを連れての県外移動について着目し、広島県在住で20~55歳の子育て中の女性161人に調査を行っています。
--------------------------------------------------------
◆調査トピックス
◇今年の年末年始、「県外に移動しない」と答えたママが過半数
◇県外移動の目的は、圧倒的に「帰省」
◇県外移動しない人たちの、年末年始の過ごし方は?
◇県外移動したいと思えるのは、一体いつ?
◇ギリギリまで帰省するかどうか悩む、という意見も多数
◇今年の年末年始の過ごし方とは_食事事情を調査
----------------------------------------------------------

◇今年の年末年始、「県外に移動しない」と答えたママが過半数。
【今年の年末年始、県外に移動(帰省・旅行)する予定がありますか?】
年末年始の県外移動予定について聞いたところ、「はい」と答えたママは31.1%、「いいえ」と回答したママは50.9%、そして「考え中」のママが18.0%でした。

peekabooでは、夏のお盆前にも同様のアンケート(【2020年】お盆の帰省どうする?広島ママの移動事情を緊急アンケート)を取りましたが、そのときは
「はい」 33.6%
「いいえ」 35.2%
「考え中」31.1%
と、「はい」「いいえ」「考え中」がほぼ同率でした。
一方、今回は「考え中」の回答が少なく「いいえ」が過半数。多くのママが、早い段階から「年末年始は広島で過ごす」との決断を下していることが分かります。


◇県外移動の目的は、圧倒的に「帰省」
【「年末年始は県外に移動する」と答えた方へ。移動の目的は何ですか?】
移動の目的は、やはり「(義)実家へ帰省」というママが多数。「旅行に行く」という声も少数ですがありました。「お盆に帰省していないので、年末年始こそは帰省したい」との声が多く聞かれました。

【「年末年始は県外に移動する」と答えた方へ。どの地方へ移動しますか?】
県外移動の行き先は、近隣の中国地方や九州地方へ帰省するという意見が多数でした。移動手段も聞いたところ、「自家用車」と答えたママが圧倒的に多く、全体の7割以上という結果に。公共交通機関を避けて自家用車で安心して移動したいとの背景が伺えます。


◇県外移動しない人たちの、年末年始の過ごし方は?
【「年末年始は県外に移動しない」と答えた方へ。移動しない理由は?】
県外移動しない理由の大半が「感染が怖い」「リスクが高まる」とのこと。なお、「その他」の回答は、「実家が広島県内だから」「仕事だから」など、「そもそも毎年移動はしていない」という意見がほとんどでした。

【「年末年始は県外に移動しない」と答えた方へ。年末年始、どのように過ごしますか?】
県内の実家、もしくは家で過ごす、という回答がほぼ同数でした。今年の年末年始は、お出かけも近場が選ばれ、県内とはいえレジャースポットに出かける人は少ないとの結果に。「人が多そうなところへ出かけるのは少し控えよう」と考えるママが多いことが分かります。


◇県外移動したいと思えるのは、一体いつ?
【「年末年始は県外に移動しない」と答えた方へ。いつ頃からなら県外移動したいですか?
1位は「全国の感染者数が100人以下になるまでは県外移動しない」。2位は「年明け」、3位は「春から」との結果に。夏のアンケートで同様の質問をしたところ、「全国の感染者数が100人以下になるまで県外移動しない」と「全国の感染者数が10人以下になるまで県外移動しない」が、同数で1位でしたが、今回は「感染者数が10人以下になるまで」の意見が、4位に下がっています。


◇ギリギリまで帰省するかどうか悩む、という意見も多数。
【「年末年始の県外移動は考え中」の理由は?】
1位「感染が怖い」に次いで2位が「ギリギリまで様子を見たい」という結果に。年末年始の休み直前まで、帰省に悩むママが多くいそうです。

【「年末年始の県外移動は考え中」の方へ。悩んでいる理由とは?】
 帰省ともなると、自分の家だけの問題ではなくなる、両親や親戚のことも考えなければならない、との切実な声が伺えます。


◇今年の年末年始の過ごし方とは_食事事情を調査
最後に、年末年始の食事事情について聞いてみました。
おせち料理を頼むかとの問いの結果は、「はい」16.8%、「いいえ」83.2%。
「はい」の家庭では「例年よりお金をかけようと思っている」3.1%、「例年と変わらない」13.1%、「例年よりお金をかけない」0.6%となりました。

「いいえ」の家庭に対して、年末年始にどういった食事を考えているか?と聞いたところ回答は以下の通り。

【「おせち料理を頼まない」と答えた方へ、年末年始にどういった食事を考えていますか?】

※複数回答。「無回答」は、おせち料理を「買う」と答えた人です。
 ママとしては長期帰省の際は、冷蔵庫整理をして買い出しも控えたいところ。しかし、今年の年末年始は、県内の(義)実家等の帰省、おうちで過ごす、近場で過ごすがメインとなるため、家庭で食事の機会も多くなります。そのためか、「いつもの家での食事を少し豪華にする」が31.1%と多い結果となりました。


◇調査結果まとめ
__株式会社peekaboo 育児情報サイト「pikabu」編集長より__
新型コロナウィルスの怖さが浸透してきた結果か、この年末年始は「県外移動しない」と早く決断するママが多かったのが印象的でした。今年は、広島県内でも「お盆も帰省できなかったけれど、年末年始もやっぱり帰省できない」という人が多く現れそうです。
また、自宅でのおこもり需要が増す予感がする一方で、「年末年始の食事はそこまで大きな贅沢をしない」との意見が見えてきたのも気になります。新型コロナ感染拡大に伴って、収入に影響を受けている子育て世帯も多くあり、この年末年始の「買い控え」で、さらに悪循環を発生させないかが心配なところです。一刻も早い、新型コロナウィルス感染の収束を願ってやみません。
今後もpeekabooでは、子育て中のママをはじめ親子のより良い関係性を築ける場所を目指し、広島県内の子育て中のママのリアルな声を集めた調査を行ってまいります。

【調査概要】
調査名 :<広島在住の子育て中ママに聞いた>年末年始の移動事情 緊急アンケート(2020年)
調査対象 : 広島県在住の20歳~55歳の子育て中のママ
調査期間 : 2020年11月12日~11月18日
調査方法 : インターネット調査
有効回答数 : 161
※回答率(%)は小数点第2位を四捨五入し、小数点第1位までを表示しています。
このため、合計数値は必ずしも100%とはならない場合があります。

【お問い合わせ】
会社名:株式会社peekaboo
広報担当: 大上 真実(オオウエ マナミ)
メール:pr-dss@creativelab.co.jp TEL:082-244-3511

株式会社CREATIVELABHOLDONGSのプレスリリース

販売する食パン「始まりのプレーン」.jpg

広島発の食パン専門店「始まりの食パン」2号店が三次にオープン 〜三次産のブドウから作られたスパークリングワインに漬け込んだレーズンを使用した <始まりの三次レーズン>地域活性支援の限定食パンも登場!〜

飲食事業を通して女性活躍推進やコロナ転職者へのキャリア支援を目的とした株式会社StudioBros.(住所:広島市中区、代表:赤井友昭、読み:スタジオブロス、以下「スタジオブロス」)は、4月15日(木曜日)に...

むく保育園外観.jpg

県内初、ピーカブーのFC事業を導入し、ひかりが「ピーカブー静岡」を開設

~保育施設併設オフィスとして、仕事復帰を望む女性のキャリア支援を推進〜  子育てママのキャリア形成を支援する広島県の企業、株式会社peekaboo(住所:広島県広島市安佐南区、代表:小村佳子、以下「ピー...

mct_img_staff_matsuda_miho02 (1).jpg

【人事異動・人事制度変更のお知らせ】

ピーカブーで働く子育て中の従業員が、取締役副社長へキャリアアップ ~スタートはみんなと同じ。子育てしながらもやっぱり働きたいという気持ちから~ 子育てママのキャリア形成を支援する株式会社peek...

年末年始緊急アンケート.jpg

<広島在住の子育て中のママに聞いた>年末年始の移動事情 緊急調査を実施

◆調査背景 2020年2月より、全国で感染拡大している新型コロナウィルス。その影響で、学校行事の中止・縮小や各種施設の休業など、学ぶ機会・遊ぶ場所を失い、困っている子育て家庭も多いのではないでしょうか。 ...

IMG_8896.JPG

自社食パンと企業コラボを実現。食パン用焼印を販売開始

始まりの食パンでしか買えないオリジナル手土産を。 〜企業の良好なリレーションを手助けに〜  飲食事業を通してキャリア形成を目的とした株式会社StudioBros.(住所:広島市中区、代表:赤井友昭、読...

PR-1.png

肌ストレスを払拭!TRUMP「温感炭酸泡洗顔料」8月24日(月)より販売開始 マスク荒れなど今どきの肌悩みも炭酸泡洗顔で内から改善を。 〜じんわり温かい炭酸泡洗顔でいつものスキンケアを楽しく〜

アイラッシュサロンのトップアイデザイナーが考案したまつ毛エクステ商材を扱う株式会社TRUMP(所在地:広島県広島市中区、代表:赤井友昭、以下「トランプ」)では、一般消費者向けに温感炭酸泡洗顔料を8月24日(月...

no image

広島発の食パン専門店「始まりの食パン」8月8日(土)にオープン

―――――――――――――――――――――――――――――――――― 広島発の食パン専門店「始まりの食パン」8月8日(土)にオープン 人生100年時代、広島3兄弟が地産地消にこだわったパンを開発し地域...

frogTOP画面キャプチャ.png

SNS発信やGoogleマップ強化で売上向上を目指す  業界最安値・月額5,980円の集客支援サービス「frog(フロッグ)」を7月1日開始

〜コロナで集客に苦戦する飲食・美容・ジムなどの店舗サービス事業者を支援〜 URL:https://www.frog-businesssupporter.com/  広島の子育て情報を発信するメ...

20190614_0005.jpg

広島発ピーカブーのFC事業が香川県に続き、山梨県へ展開

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― 広島発ピーカブーのFC事業が香川県に続き、山梨県へ展開 人材派遣のテクノ・ラボが保育施設併設オフィス「ピーカブー山梨」を...

IMG_5505.JPG

国内初、ニュージーランド教育導入型の幼稚舎併設オフィスを開設

国内初、ニュージーランド教育導入型の幼稚舎併設オフィスを開設 ポートフォリオやコーナー保育により個性を伸ばす教育「テファリキ」を実現 〜国家資格キャリアコンサルタントが常駐し、子育て女性の職業設計やキ...