都内のそば・うどん店舗で国産もちの力そば・うどんを注文した方への おこめギフト券プレゼントキャンペーンを展開

JA全農(東京都千代田区)は、東京都麺類協同組合(同)と協力して、1月24日(火)から1か月間、都内の力そば・うどんを提供する101店舗にて、力そば・うどんまたは、トッピングでもちを注文された方を対象に抽選で100名に「おこめギフト券」をプレゼントします。

【キャンペーン概要】
◇キャンペーン名:「ハレの日にはもちを!国産もちの力そば・うどんを食べて当てようキャンペーン」

◇内容:
国内産もち米使用の「おもち」の消費拡大を目的として、対象店舗で力そば・うどん、トッピングで国産もちを注文されたお客様を対象に、おこめギフト券(5枚2,200円相当)が100名様に抽選で当たります。

◇応募期間:
令和5年1月24日(火)~2月23日(木・祝)
※当日消印有効

◇対象:
 以下の対象店舗にて、力そば・うどんを注文された方、もしくは国産もちをトッピング注文された方が対象となります。

◇応募方法:
専用応募はがきに対象商品のレシートと所定金額分の切手を貼付し、必要事項(郵便番号、住所、電話番号等)をご記入のうえ、ご応募ください。

◇応募宛先:
 〒112-0002 東京都文京区小石川1-1-1 
 文京ガーデンゲートタワー10階 株式会社全農ビジネスサポート内
 「ハレの日にはもちを!国産もちの力そば・うどんを食べて当てようキャンペーン」事務局
 TEL03-5615-9181(平日9時~17時、土曜・日曜・祝祭日を除く)

◇当選発表:
厳正なる抽選のうえ、当選の発表は賞品の発送をもってかえさせていただきます。

◇注意事項:
〇ご購入金額にかかわらず、応募はがき1枚につき1口のご応募とさせていただきます。
〇お一人様何口でも応募いただけますが、お一人様のご当選回数は1回とさせていただきます。
〇応募いただいた応募はがき・レシートは返却できませんのであらかじめご了承ください。
〇レシートの貼付忘れは無効となります。レシートのコピーでの応募はできません。また記入漏れがありましたら無効となる場合がございますのでご注意ください。
〇賞品の発送は日本国内に限らせていただきます。
〇賞品の換金・返品はお受けできません。

全国農業協同組合連合会(JA全農)のプレスリリース

no image

都内のそば・うどん店舗で国産もちの力そば・うどんを注文した方への おこめギフト券プレゼントキャンペーンを展開

JA全農(東京都千代田区)は、東京都麺類協同組合(同)と協力して、1月24日(火)から1か月間、都内の力そば・うどんを提供する101店舗にて、力そば・うどんまたは、トッピングでもちを注文された方を対象に抽選で...

no image

関東市場「愛妻の日はチューリップを贈ろう 産地合同フェア」の開催について ~新潟・富山・埼玉が産地合同でチューリップをPRいたします~

JA全農は、1月27日(金)に東京都大田区の大田花きにて「愛妻の日はチューリップを贈ろう産地合同フェア」を開催いたします。 チューリップ切花全体の需要底上げを目標とし、また愛妻の日(1月31日)はチューリッ...

no image

農業労働力支援強化による地方創生・地域活性化を目指す 「全国労働力支援協議会」を3月4日に設立

 JA全農は令和4年3月4日、全国6ブロックに設置したブロック別労働力支援協議会での協議を踏まえ、農業労働力支援を通じた地方創生・地域活性化を目指す「全国労働力支援協議会」を設立しました。  本協議会は...

no image

第39回全農酪農経営体験発表会および 第15回全農学生「酪農の夢」コンクールを開催 埼玉県松本牧場と北海道岩見沢農業高校茂木さんが最優秀賞受賞

JA全農は11月26日(金)に、「第39回全農酪農経営体験発表会」および「第15回全農学生『酪農の夢』コンクール」を開催し、最優秀賞に埼玉県狭山市の松本牧場(酪農経営体験発表会)と北海道岩見沢農業高等学校の茂...

no image

映える!かんたん!おいしい!「クリスマスはパエリアにしませんか?」ABC Cooking Studioでクリスマス向けのオンラインレッスンを開催

JA全農は、国産米の消費拡大の一環として、株式会社 ABC Cooking Studio(以下ABC)の公式「Instagram」LIVE配信にて、クリスマス向けレシピ「スモークサーモンのサラダパエリア」のオ...

ミルクティー正面写真.png

年末年始は、ミルクティーで日本の酪農を応援! 牛乳を50%以上使用したミルクティーを、12月1日より発売

 JA全農は、牛乳を50%以上使用した「ミルクティー」を令和3年12月1日(水)より数量限定で発売します。この年末年始は、例年にない生乳需給の緩和が懸念されており、消費拡大の一助となるよう牛乳をたっぷり使用し...