AI ジャーナリングアプリ「muute」が学校共同プロジェクト開始 第一弾は北海道、東京、静岡、大阪、高知から9 校の中学校・高等学校が参加 〜VUCA 時代に求められる自己理解力の促進やコロナ禍のメンタルヘルス向上に期待〜

AI ジャーナリングアプリ「muute」を開発・運営するプロダクトスタジオのミッドナイトブレックファスト株式会社 (本社: 東京都渋谷区、 代表取締役: 喜多紀正、以下、「当社」)は、生徒の自己理解力の促進やメンタルヘルス向上を目的として、学校共同プロジェクト「muute for school β」を開始します。第一弾の取り組みとして、9 校の中学校・高等学校と連携し、中学生・高校生を対象にした学校教育におけるmuute アプリの活用方法とその効果を検証していきます。

【学校共同プロジェクト開始の背景】
新型コロナ禍の生活がストレス増加の要因となり、メンタル不調を訴える人が急増しています。2020
年12 月に厚生労働省が発表した調査によると、新型コロナの影響で約6 割の人が「メンタルヘルスに
不安を感じている」※1と報告されています。若年層に関しては、中等度以上のうつ症状がある子どもの
割合が、高校生では30%、中学生では24%にのぼる※2ことが明らかになりました。これらの背景から中高生のメンタルヘルス向上への取り組みとして学校と協議を開始しました。
また学校現場では、先行きが不透明なVUCA時代※3において、自己の生き方や興味関心のある分
野を明らかにしていく「自己理解力」、必要な情報を収集し適切に整理・分析を行う「批判的思考力」、主体的に課題設定を行い解決に向けて取り組む「主体的行動力」、などの非認知能力※4を充実させる取り組みが必要とされています。
高校では学習指導要領の改訂により2022 年度から「総合的な探究の時間」※5という新科目が実施さ
れます。生徒は毎回の授業で、人権問題や気候変動など、多様な社会課題を考えながら、個人的な興
味・関心を元に「自己の在り方生き方」を考え、自ら課題を発見し解決に向けた探究の取り組みが行わ
れます。
それに伴い、先生には、生徒に対して一方的に知識を伝達する授業とは別に、生徒の自己理解を深
めながら、生徒自らが興味関心のある問いを見いだし自発的に学習を進めていくための授業進行が求
められています。多くの学校でこの対策は急務となっていますが、具体的な指導方法の前例は少ないた
め、模索している段階です。
これらのコロナ禍における若者のメンタルヘルスの影響や学校教育現場の実態から、生徒の自己理
解力の促進やメンタルヘルスのセルフケア手法において何か施策を提供できないかと検討する中で、学
校教育機関との共同プロジェクトを開始する運びとなりました。

【muute 学校共同プロジェクト「muute for school β」とは?】
当社は、感じていることや思っていることを日記のように自由に書き出し、AI がそれらの感情や思考を分析してフィードバックを行い、自分自身と向き合い、且つ客観的に振り返ることができるAI ジャーナリングアプリ「muute」の開発・運営をしています。「ジャーナリング」は、頭に思い浮かんだことをありのままに書くことを意味し、心身の健康や自己認識力の向上に繋がるなど、心の整理やメンタルヘルスに良い影響があることから注目を集めています。「muute」を用いてジャーナリングを行うことで、ユーザーの約9割が「よりよく自分を知ることに繋がった」と回答し、自己認識力の向上に繋がっています。また、2020年12月のサービス開始から約1 年で40万ダウンロードを記録しています。
今回の「muute for school β」では、プロジェクト参加学校の一部の生徒が、約2週間に渡り「muute」を活用し、個人の自己認識力や非認知能力の変化を検証する取り組みを行います。
<プロジェクト参加学校>
・ 札幌新陽高等学校 (北海道)
・ ドルトン東京学園中等部・高等部 (東京)
・ 三田国際学園中学・高等学校(東京)
・ 日本大学三島高等学校・中学校 (静岡)
・ 追手門学院中学校・高等学校 (大阪)
・ 大阪夕陽丘学園高等学校 (大阪)
・ 常翔学園中学校・高等学校 (大阪)
・ 四條畷学園高等学校 (大阪)
・ 土佐塾中学・高等学校(高知)
<プロジェクト概要>
実施期間:2021年1月11日〜1月31日
対象学年:中学1年〜高校3年
対象人数:合計 約200人
実施端末:iPad、iPhone
【今後の取り組みについて】
本プロジェクトは連携学校と共に、自己理解やメンタルヘルスに関する状態変化等の効果検証と、実際
の学校教育におけるmuute アプリの活用及び導入方法を検討する取り組みとして行います。今後は、
連携学校だけでなく、より多くの学校、教育関連企業や団体と共に、学校現場においてどのように活用されるのが望ましいかを模索していきます。
※教育現場でのmuute活用法や事例など、本取り組みに関する問い合わせは以下までご連絡くださ
い。
担当窓口:森・岡橋 、メールアドレス:pr@mnbf.jp

ミッドナイトブレックファスト株式会社のプレスリリース

no image

AI ジャーナリングアプリ「muute」が学校共同プロジェクト開始 第一弾は北海道、東京、静岡、大阪、高知から9 校の中学校・高等学校が参加 〜VUCA 時代に求められる自己理解力の促進やコロナ禍のメンタルヘルス向上に期待〜

AI ジャーナリングアプリ「muute」を開発・運営するプロダクトスタジオのミッドナイトブレックファスト株式会社 (本社: 東京都渋谷区、 代表取締役: 喜多紀正、以下、「当社」)は、生徒の自己理解力の促進や...

no image

【メンタルウェルネスとそのケアに関する実態調査】

【メンタルウェルネスとそのケアに関する実態調査】 8割が「メンタルウェルネス」を重要視、うち3割強はコロナがきっかけ 一方、3割程度のみがメンタルウェルネスが満たされている実態 (*本レポートにおけ...

no image

AIジャーナリングアプリ「muute」、音楽連携機能をリリース ユーザーの思考と感情に加え、音楽視聴内容を分析したフィードバックが可能に

プロダクトスタジオのミッドナイトブレックファスト株式会社 (本社: 東京都渋谷区、 代表取締役: 喜多紀正、以下、「当社」)は、当社が開発・運営するAIジャーナリングアプリ「muute(ミュート)」において、...

no image

国内初、AIが思考と感情を分析しフィードバックをくれるジャーナリングアプリ”muute” リリース後約1ヶ月でAppStoreヘルスケア/フィットネス領域のランキング1位 〜来月2月には新しい3つの機能も実装予定〜

プロダクトスタジオのミッドナイトブレックファスト株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役 喜多紀正)は、AIが思考と感情を分析しフィードバックをくれるジャーナリングアプリ 「muute(ミュート)」を12月に...