世界一ひとに優しい建設現場を創るため、総額約2億円の資金を調達

建ロボテック株式会社

2020年09月15日 09:03

 協働型ロボット「トモロボ」などの建設現場の省力化ソリューションを提供する、建ロボテック株式会社(本社:香川県 代表取締役:眞部達也、以下、当社)は、シードラウンドとして第三者割当増資を実施いたしました。
 引受先は、株式会社グローカリンク、モバイルインターネットキャピタル株式会社(*)です(順不同、敬称略)。さらに、中国銀行、商工組合中央金庫(同)による長期融資も合わせて実施しており、調達総額は約2億円となります。

概要は、次の通りです。
 当社は、建設現場用協働型ロボット「トモロボシリーズ」の初代となる結束作業ロボットを2019年3月に初公開し、2020年1月より正式販売を行っており、全国の建設現場で活用されております。
 今回の資金調達によって、結束作業ロボットの更なる進化と共に、他作業を省力化するロボットの開発を進め、2021年の発表を目指します。また、全国へのサービス展開を行うため社内強化を進めてまいります。具体的には、これまで対応不可能であった、土木・インフラ工事向けの太径に対応するための対応機を、株式会社富士ピー・エス社(代表取締役社長:堤忠彦)の全面的な協力による開発を致します。本年中の完成を目指しており、同社施工現場でのテストなどの模様も公開予定です。

(*)MICイノベーション5号投資事業有限責任組合


『本件に関する報道関係者からのお問合せ先』
建ロボテック株式会社 広報担当:眞部
電話:087-898-0555 FAX:087-899-8086
メールアドレス:info@kenrobo-tech.com

建ロボテック株式会社のプレスリリース

no image

世界一ひとに優しい建設現場を創るため、総額約2億円の資金を調達

 協働型ロボット「トモロボ」などの建設現場の省力化ソリューションを提供する、建ロボテック株式会社(本社:香川県 代表取締役:眞部達也、以下、当社)は、シードラウンドとして第三者割当増資を実施いたしました。 ...