シリーズ累計20万部を突破した『5分で論理的思考力ドリル』 新刊「ちょっとむずかしめ」を発売 ~ソニー・グローバルエデュケーションのエンジニアが考えた思考力の鍛え方~

株式会社ソニー・グローバルエデュケーション(代表取締役社長:礒津政明)は、2020年6月25日に『5分で論理的思考力ドリル ちょっとむずかしめ』を株式会社 学研ホールディングス(代表取締役社長:宮原博昭)のグループ会社、株式会社 学研プラス(代表取締役社長:碇秀行)から発売しました。昨年発売された『5分で論理的思考力ドリル』、『5分で論理的思考力ドリル ちょっとやさしめ』は、好評をいただいており、シリーズ累計発行部数が20万部を突破しています。
2020年の大学入試改革では、これまでの教育で必要とされていた「知識・技能」に加えて、新たに「思考力」が評価項目のひとつとなります。社会での課題が多様化する中で、思考力を駆使して問題解決に導く力は、教育現場だけではなく社会人が仕事をするうえでも重要と考えられます。

思考力は、計算力や語学力などと異なり、現時点ではその表現方法の一般的な基準がはっきりと定まっていません。ソニー・グローバルエデュケーションは、思考力を「目標達成に向けて思考フローを往来し続ける力」と定義し、思考力を高めるためには、状況に応じて適切な考え方を使い分けることが必要だと考えています。そして、そうした考え方を特長に応じて分類したものが「5つの思考回路™️」です。

◆5つの思考回路™️
・スキャン回路(読みとる):問題の本質を見抜く思考回路
・クリエイト回路(ひらめく):これまで思いつかなかった方法を思いつく思考回路
・リバース回路(逆算する):問題を解決するにはどうすればいいか、逆算する思考回路
・ノック回路(洗いだす):ありうる可能性をすべて洗いだす思考回路
・ステップ回路(組み立てる):「こうすれば、こうなる」と手順を組み立てる思考回路


思考力の高い人は、それぞれの思考回路を臨機応変に使い問題を素早く解決したり、難しい課題に対して思考の流れのループを繰り返して、解決するまで思考を続けることができます。

『5分で論理的思考力ドリル』は、これら5つの思考回路ごとに構成された問題に取り組むことで手軽に思考力を鍛えることができるドリルです。小学4年生までの算数の知識だけで取り組むことが可能で、「10歳から120歳まで」の幅広い年代を対象年齢としています。


[商品概要]
『5分で論理的思考力ドリル ちょっとむずかしめ』
著:ソニー・グローバルエデュケーション 
定価:本体各1,000円+税
発売日:2020年6月25日(金)
判型:B5変型判/92ページ(別冊解答64ページ)
電子版:予定あり
発行所:(株)学研プラス

◆ご購入はこちらから
[NEW] 5分で論理的思考力ドリル ちょっとむずかしめ(https://amzn.to/37NBQBq
5分で論理的思考力ドリル ちょっとやさしめ(https://amzn.to/2JSmsck
5分で論理的思考力ドリル(https://amzn.to/3dil9iA
※全国の書店や楽天などでもお買い求めいただけます。


・5つの思考回路™️は株式会社ソニー・グローバルエデュケーションの商標です。


【報道関係からのお問合せ先】
株式会社ソニー・グローバルエデュケーション https://www.sonyged.com/ja/contact/

ソニー・グローバルエデュケーションのプレスリリース

5min-logical-drill_1440-720_hard.png

シリーズ累計20万部を突破した『5分で論理的思考力ドリル』 新刊「ちょっとむずかしめ」を発売 ~ソニー・グローバルエデュケーションのエンジニアが考えた思考力の鍛え方~

株式会社ソニー・グローバルエデュケーション(代表取締役社長:礒津政明)は、2020年6月25日に『5分で論理的思考力ドリル ちょっとむずかしめ』を株式会社 学研ホールディングス(代表取締役社長:宮原博昭)のグ...